現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

菅野、巨人との「相思相愛」報われず=日本ハム指名に笑顔なし―プロ野球・ドラフト

2011年10月27日20時6分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 全球団の1位指名が確定した後、会見場に姿を現した東海大・菅野に笑顔はなかった。巨人の単独指名が有力とみられていた逸材の交渉権は、抽選の末に日本ハムへ。ドラフトの感想を問われて「どんな結果であれ、無事終わったことにほっとしている」。言葉を選びながら、少しこわばった表情で話した。

 昨年12月、巨人が異例の早さで1位を表明。以来「恥じないプレーをしよう、ときょうまでやってきた」という。首都大学リーグでは通算14完封の新記録をマークするなど、大学ラストイヤーで奮起。巨人・原監督のおいという関係から、進路は決まったかのように見られがちだった中、確かな実績を積み重ねて運命の日を迎えていた。

 憧れの伯父が指揮する巨人について「特別な球団というのは、もちろんあった。(原監督と)一緒にプレーしたいと思っていたことは間違いない」。皮肉にも、意中でなかった球団に指名されて初めて、「相思相愛」であったことを明かした。

 日本ハムの指名については「多くの球団から評価をいただけたのはうれしい」と話すにとどめた。交渉の席に付くか否かは「どこに行くにしても、学生日本一という目標がある。まずはそちらを目指す」と、公式戦が残っていることを理由に明言を避ける。「日本ハム」という言葉が、本人の口から聞かれることはなかった。 

[時事通信社]

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……