現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

開星・白根選手ソフトバンク4巡目「これからが戦いだ」

2011年10月28日12時0分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:野球部の後輩たちに祝福される白根尚貴選手(中央)=松江市西津田9丁目拡大野球部の後輩たちに祝福される白根尚貴選手(中央)=松江市西津田9丁目

 27日のプロ野球新人選択(ドラフト)会議で、島根県内から開星高校の白根尚貴選手(18)がソフトバンクに4位で、江の川(現石見智翠館)出身で三菱重工広島の松井飛雄馬(ひゅうま)選手(20)が横浜から7位で指名された。

 白根選手は松江市出身。身長186センチ、体重98キロの体格から最速149キロの速球を投げるエースとして、春夏3度の甲子園出場を果たした。本塁打も高校通算で40本と打撃力でもチームを引っ張ってきた。

 学校で記者会見した白根選手は「指名の瞬間は喜びと同時にホッとした。これからが本当の戦いになるが、独自のプレーが出来る選手になりたい」と抱負を語り、母親らへの感謝の言葉を述べた。

 同席した野々村直通監督は「厳しい世界だが『白根が投げるのなら見に行きたい』と言われるような存在感を持った選手になってほしい」とエールを送った。チームメートの坂部大雅さん(18)は「すごいやつと野球をやっていたんだと改めて分かった。今後も共に頑張りたい」と話した。

 県高野連によると、県内の高校生のドラフト指名は、2006年に横浜から指名された梶谷隆幸選手(開星出身)以来、5年ぶりという。(竹野内崇宏)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……