現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

「目標はダルビッシュ選手」英明高・松本が巨人1位指名 ドラフト

2011年10月28日12時9分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:巨人の1位指名が決まり、胴上げされる松本竜也投手=高松市亀岡町の英明高校拡大巨人の1位指名が決まり、胴上げされる松本竜也投手=高松市亀岡町の英明高校

 27日のプロ野球ドラフト会議で、夏の甲子園で活躍した英明高校の大型左腕、松本竜也投手(18)が巨人の1位指名を受けた。「150キロを出したい。目標はダルビッシュ選手」と意気込みを語った。香川県内の高校生のドラフト1位指名は、1987年の故・伊良部秀輝投手(尽誠学園高校)以来、24年ぶり。

 松本投手は、高松市の英明高校でチームメートらとドラフト会議の生中継のテレビを見守った。横浜と巨人が外れ1位指名すると、両隣の井口文登前主将、中内大登選手に「マジで、マジで」と話しかけた。巨人に決まり、一緒に見守った仲間と握手した。

 記者会見で、松本投手は「巨人は一流の選手が集まっている。この中で野球ができることは素晴らしい。早く1軍で活躍できるように頑張る」と述べた。「目標はダルビッシュ有選手(日本ハム)です。150キロを出したい。ダルビッシュ選手、田中将大選手(楽天)と投げ合いたいです」と抱負を語った。

 松本投手は小学生の時から「夢はプロ野球選手、メジャーリーガー」だった。今夏の甲子園では2試合完投して20奪三振。最速145キロを記録した。

 香川智彦・英明監督は「体をつくって1軍に上がり、ローテーションに入れる投手になって」とエールを送った。松本投手の父泰記さん(45)、母千秋さん(46)は「ホッとしています。人に好かれ、1年目から頑張ってほしいです」と話していた。(長島一浩)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……