現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

大阪桐蔭高・西田ら大阪府内からは5人指名を受ける ドラフト

2011年10月28日12時54分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:交通事故で亡くなったチームメートの遺影を持ち、仲間に祝福される太成学院大高の今村信貴選手=大東市諸福7丁目拡大交通事故で亡くなったチームメートの遺影を持ち、仲間に祝福される太成学院大高の今村信貴選手=大東市諸福7丁目

写真:阪神の3位指名を喜ぶ大阪桐蔭高の西田直斗選手=大東市中垣内3丁目拡大阪神の3位指名を喜ぶ大阪桐蔭高の西田直斗選手=大東市中垣内3丁目

写真:日本ハムに3位指名され、笑顔を見せる東大阪大柏原高の石川慎吾選手=柏原市本郷5丁目拡大日本ハムに3位指名され、笑顔を見せる東大阪大柏原高の石川慎吾選手=柏原市本郷5丁目

 27日開かれたプロ野球のドラフト会議で、大阪府内の学校や社会人チームから高校生3人、大学生1人、社会人1人の計5人が指名された。高校生は太成学院大高(大東市)の今村信貴選手が巨人の2位指名、大阪桐蔭高(大東市)の西田直斗選手が阪神の3位指名、東大阪大柏原高(柏原市)の石川慎吾選手が日本ハムの3位指名を受けた。

 太成学院大高の今村選手は、野球部員ら約150人が見守る中で会見に臨み「ストレートでどんどん押していくピッチャーになりたい」と抱負を語った。

 夏の大阪大会では、初戦で5回参考記録ながら無安打無失点を達成。左腕から繰り出す速球が注目を集めた。甲子園には届かなかったが「その後悔をバネにがんばる」と力を込めた。

 交通事故で昨年亡くなったチームメートの妹で、マネジャーの福長菜月さん(16)は花束を渡し「お兄ちゃんは巨人ファンだったんです。縁があったんかな」とほほえんだ。

     ◇

 大阪桐蔭高の西田選手は「3位という自分でもびっくりするような順位で指名され、うれしい」と声を弾ませ「阪神は応援がものすごい。たくさんの応援の中で野球がやってみたい」と抱負を語った。

 今夏の大阪大会では5割近い打率を残した。自分の打撃の持ち味を「下半身を柔らかく使えて、左右どちらにも打てること」と分析。阪神の選手で気になるのは、勝負強い鳥谷敬選手と話し「チャンスの時にどういう気持ちで打席に立つかを聞きたい」。

     ◇

 高校通算55本塁打を放った東大阪大柏原高の石川選手は笑顔で会見し「ホームランではなく、勝ちにつながる1本にこだわってやりたい。5年後にはチームの主軸を打ち、日本を代表する選手になるのが目標」と意気込んだ。

 この日は、ドラフトのことを考えないようにとグラウンドで後輩たちの練習を見守っている時に、田中秀昌監督(54)から吉報を聞いたという。「喜ぶのは今日まで。明日からは気持ちを新たに野球に取り組みたい」と、早くもプロ入り後を見据えていた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……