現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

塔南高・駒月が西武、福知山成美高・桑原は横浜から指名 ドラフト

2011年10月28日13時0分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:同級生に抱えられ、喜ぶ塔南高の駒月仁人選手=南区拡大同級生に抱えられ、喜ぶ塔南高の駒月仁人選手=南区

写真:同級生に抱えられ、祝福される福知山成美高の桑原将志選手=福知山市拡大同級生に抱えられ、祝福される福知山成美高の桑原将志選手=福知山市

 27日に東京都内で開かれたプロ野球のドラフト会議で、京都府内からは塔南高(南区)の駒月仁人(ひとと)選手(18)が西武から、福知山成美高(福知山市)の桑原将志(まさゆき)選手(18)が横浜から指名された。ともに記者会見で喜びを語り、野球部の仲間から胴上げで祝福された。

 「本当に指名されたんですか?」

 駒月選手はテレビ中継で西武から3位指名されたと知り、驚いたように奥本保昭監督に問いかけた。「高い評価をしていただき、うれしい。西武には長距離打者がたくさんいるので、中距離打者として勝負したい」と笑顔で語った。

 強肩の捕手で、打撃では勝負強さが光る。1年で出場した夏の京都大会は、初打席にサヨナラ本塁打。3年間では通算24本塁打を放った。「プロでも通用するよう配球を磨きたい。涌井秀章投手の球を受けたい」と目を輝かせた。

 横浜から4位に指名された福知山成美の桑原選手は「ホッとした。1日でも早く1軍になり、3割を打てる打者になりたい」と抱負を語った。

 俊足好打の遊撃手。野球部の不祥事で1、2年の時は夏の京都大会に出場できなかった。今年の夏は主将として臨み、準決勝で龍谷大平安に敗れた。

 指名が決まると野球部員たちから拍手で迎えられ、思わず涙ぐんだ。「公式戦に出られなかった2年の時、くじけそうになったのを仲間から励ましてもらった。これからも困難に立ち向かっていきたい」

 育成枠では、洛北高(左京区)の芳川庸(ちから)選手(18)が巨人に、立命館大(北区)の徳山武陽(たけあき)選手(22)がヤクルトに指名された。(遠藤和希、竹中千広)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……