現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

開星・白根選手がソフトバンクと契約合意 島根

2011年11月22日0時56分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:契約に合意した白根尚貴選手(中央)と、山崎賢一スカウト(右)、白根選手の母みゆきさん=松江市末次本町拡大契約に合意した白根尚貴選手(中央)と、山崎賢一スカウト(右)、白根選手の母みゆきさん=松江市末次本町

 ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスに4位指名された島根県開星高校の白根尚貴選手(18)が21日、松江市末次本町の旅館「皆美(みなみ)館」で球団と会談し、契約に合意した。白根選手は「結果を残せる勝負強い打者としてしっかりプレーしたい」と会見で決意を述べた。

 球団によると契約金は4千万円、年俸500万円(いずれも推定)。日本一を決めた日本シリーズ最終戦を自宅のテレビで観戦したという白根選手は「強いチームの中でプレーできるのは楽しみ。1年ごとが勝負だと思って、大好きな野球にとことん取り組みたい」と目を輝かせた。

 同席した母のみゆきさん(48)は「これからが人生で最も大事なとき。一ファンとして応援しています」。永山勝スカウト部長(54)も「小久保裕紀選手らに続く長距離打者として将来が楽しみ。頑張れば1年目でも1軍の試合に出場するチャンスはある」とエールを送った。

 球団によると来月10日ごろに福岡市で本契約し、来年1月ごろからは同市内で合同自主トレーニングに臨む。一、三塁手での出場を目指す。(竹野内崇宏)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……