現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

中日2位の西川投手、仮契約 「プロへ実感」 石川

2011年12月2日0時53分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:球団スカウト部の中原勇一東海・北陸地区担当と握手を交わす西川投手=金沢市昭和町拡大球団スカウト部の中原勇一東海・北陸地区担当と握手を交わす西川投手=金沢市昭和町

 プロ野球中日からドラフト2位で指名を受けた星稜の西川健太郎投手(18)が1日、石川県金沢市内で同球団と仮契約を結び、「プロになる実感がわいてきた」と喜びを話した。

 西川投手は仮契約後、球団関係者と記者会見を開いた。今日一日をどんな気持ちで過ごしたかと聞かれ、「背番号のことなどを考えた。少しずつチームの一員に近づき、楽しみの一言です」と話した。

 中学3年の時に父・雅幸さんを亡くした西川投手。「1軍昇格が目標。父にいち早くいい報告ができたら」と抱負を話した。母・由紀子さん(53)は、「焦らず、けがのないよう頑張ってほしい」とエールを送った。

 契約金は6千万、年俸は660万円(いずれも推定)。中日は自分も希望していたチームだといい、「契約できて感謝です」と笑みを浮かべた。(大野晴香)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……