現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

九州国際大付高・高城選手に横浜が指名あいさつ

2011年11月1日14時15分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:横浜ベイスターズから2位指名のあいさつを受ける高城捕手=北九州市八幡東区の九州国際大拡大横浜ベイスターズから2位指名のあいさつを受ける高城捕手=北九州市八幡東区の九州国際大

 プロ野球のドラフト会議で横浜ベイスターズから2位指名を受けた九州国際大付の高城俊人(しゅうと)捕手(18)が31日、北九州市八幡東区の同大で、横浜の関係者のあいさつを受けた。球団関係者は「球界を代表するキャッチャーになって欲しい」と激励した。

 高城捕手は強肩強打が持ち味。春の選抜大会では8打数連続安打の大会タイ記録を打ち立てるなど、4番打者としてチームを全国準優勝に導いた。

 指名あいさつに訪れた横浜の堀井恒雄・編成部専任部長は「新人王を争って来シーズンからばりばりやって欲しい」と期待を寄せた。高城捕手は「自分が必要とされていると感じ、すごくうれしい。なるべく長く野球ができるよう、しっかり頑張りたい」と気を引き締めていた。(斎藤靖史)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……