現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

海星・永江選手、西武と契約 マー君・ダルと「対戦したい」

2011年11月16日8時33分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:西武の帽子をかぶってガッツポーズをする永江恭平選手(右)と奥薗満編成部長=長崎市大黒町のホテル拡大西武の帽子をかぶってガッツポーズをする永江恭平選手(右)と奥薗満編成部長=長崎市大黒町のホテル

 プロ野球のドラフト会議で西武から4位指名された海星高の永江恭平選手が15日、入団契約に合意し長崎市で記者会見した。

 この日は、父孝さん(43)、母ゆきさん(44)も佐賀県鳥栖市の実家から駆けつけ、入団交渉に同席。西武の奥薗満編成部長と約30分会談し、合意したという。永江選手は「やっと決まったなと、ほっとしている。楽天の田中将大投手や日本ハムのダルビッシュ投手と対戦したい」と話した。その後、奥薗編成部長から西武の帽子とキャラクターのぬいぐるみを贈られると、笑顔をみせた。

 孝さんは「本人の夢はプロ野球で活躍して、大リーグに行くこと。第一歩が踏み出せたと思う」、ゆきさんは「主将になって成長した。早く1軍に上がって福岡に試合に来てほしい」と喜んでいた。

 契約金4千万円、年俸600万円(いずれも推定)で、背番号は未定。(河合達郎)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……