現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

東海大甲府・高橋周平選手、プロ志望届を提出

2011年9月15日8時56分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:東海大甲府・高橋周平内野手(3年)=6月、東海大甲府高校東海大甲府・高橋周平内野手(3年)=6月、東海大甲府高校

 今夏の全国高校野球選手権山梨大会で活躍した東海大甲府の高橋周平内野手(3年)が、県高校野球連盟にプロ志望届を提出した。日本高野連の受理を経て、10月27日のドラフト会議でプロ球団からの指名を待つ。

 高橋選手は神奈川県出身。右投げ左打ち。1年生から東海大甲府の主軸を担い、守備にも定評がある。

 今夏の山梨大会で同校は準々決勝で敗退。甲子園出場は最後まで果たせなかったが、第9回アジアAAA選手権の高校日本代表に選ばれ、決勝で先制2点本塁打を放つなど大会MVPも受賞した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……