現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

日本ハム、7位指名は早大ソフトボール部大嶋 ドラフト

2011年10月27日20時41分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:早大ソフトボール部の大嶋匠捕手拡大早大ソフトボール部の大嶋匠捕手

 27日のプロ野球ドラフト会議で、早大ソフトボール部の大嶋匠捕手(21)が日本ハムの7位指名を受けた。埼玉県所沢市で記者会見した大嶋選手は「自分の名前か、4、5回見直した。うれしかった」と丸いほおを赤らめた。硬式野球の経験がない選手の指名は極めて珍しい。

 右投げ左打ち。身長180センチ、体重95キロの体格を生かし、今年は13試合連続本塁打を記録した。日本ハムのスカウトが興味を持っていることを知り、今春から硬球でも練習を始めた。今月上旬に日本ハムの入団テストを受け、その身体能力の高さを評価された。

 前橋市出身。小学3年から4年間、軟式野球を経験した。地元の中高一貫校に進み、野球部がなかったため、ソフトボールを始めた。高校総体、国体で優勝した高校時代も「甲子園はすごいなあ」と野球にあこがれたこともある。

 現在、野球道具はバットしかないという。「自分にとっても男子ソフトボール界にとっても大きな挑戦」と胸をふくらませた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……