現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

「夢、実現するとは」日本文理高・高橋 巨人から5位指名 ドラフト

2011年10月28日11時57分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:巨人から指名を受け、会見する高橋洸内野手=新潟市西区新通の日本文理高拡大巨人から指名を受け、会見する高橋洸内野手=新潟市西区新通の日本文理高

 今年夏の甲子園に日本文理の主軸打者として出場した高橋洸内野手(18)が27日にあったプロ野球のドラフト会議で、巨人から5位指名された。新潟県内高校生の指名は2006年に阪神から高校生ドラフト(当時)で4巡目指名された同校出身の横山龍之介投手以来。野手では1998年に巨人に3位指名された新発田農出身の加藤健捕手以来、13年ぶりだ。

 同校で開かれた記者会見で高橋内野手は「夢が本当に実現すると思わなかった。巨人は強い球団というイメージ。うれしいです」と話した。

 ドラフト会議が始まった午後5時には、学校のグラウンドで少し緊張した面持ちで打撃練習に汗を流していた。2軍戦のみ出場できる「育成ドラフト」の指名を予想していたので、5位指名に驚いたという。

 走攻守そろった三塁手として県内では有名な存在。今夏の甲子園の後は社会人野球入りを考えていたが、横浜や巨人など複数のプロ球団から注目されているのを知り、「(プロ入りできる)確率が少しでもあるなら」と日本高野連にプロ志望届を提出していた。

 小さい頃からの夢がかない、会見では「対戦したいのは(日本ハムの)ダルビッシュ投手」と語った。

 09年に日本文理が夏の甲子園で準優勝した時は1年生ながら控え投手としてベンチ入り。身長184センチの恵まれた体格と、50メートル5秒8の俊足を買われ、2年夏に三塁手に転向した。

 大井道夫監督は「潜在能力がある選手。これからは野球が職業になる。自覚をもってやってもらいたい」と期待を口にした。(高見沢恵理)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……