現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

「本当にうれしい」日ハム6位指名の専大松戸高・上沢投手

2011年10月28日12時40分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:野球部の仲間に担がれ、祝福される上沢直之投手=専大松戸高拡大野球部の仲間に担がれ、祝福される上沢直之投手=専大松戸高

 27日のプロ野球ドラフト(新人選択)会議で、千葉県の専大松戸高の上沢直之投手が日本ハムから6位で指名された。

 野球部の仲間とインターネットの速報をチェックしていた上沢投手。6巡目。名前が画面上に現れたとたん、周囲から「やったーっ」と歓声が上がった。「もう指名されないかと思った。本当にうれしい」とほっとした表情を見せた。

 好投手ぞろいの日本ハム。「レギュラー争いは大変だけど、ダルビッシュ投手らのいいところを盗み、直球で勝負出来る投手になりたい」と意気込む。学校の練習場と鎌ケ谷市にある日ハムの2軍球場が近く、ランニングをしながら見学に行ったこともあるという。

    ◇

 市立柏高の森和樹投手も、育成ドラフトで巨人から指名された。指名後の会見では「うれしい半面、悔しさも強い」。「巨人の沢村(拓一)選手のように、わかっていても打てないようなストレートを磨き上げたい」と抱負を述べた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……