現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

「川上選手、将来中軸に」 1位指名のヤクルト 青森

2011年11月1日0時35分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:握手を交わす川上竜平選手(左)とヤクルトの渡辺進・球団編成部長=31日、八戸市の光星学院高拡大握手を交わす川上竜平選手(左)とヤクルトの渡辺進・球団編成部長=31日、八戸市の光星学院高

 プロ野球・東京ヤクルトスワローズの渡辺進・球団編成部長と八重樫幸雄・担当スカウトが31日、青森県八戸市の光星学院高を訪れ、27日の新人選択(ドラフト)会議で1位指名した川上竜平外野手に指名のあいさつをした。

 渡辺部長はドラフト会議で小川淳司監督が使ったIDカードを持参。小川監督が「希望」と書き込んだカードを川上選手の首にかけ、「チームの中軸を担う選手になってほしい」と期待を寄せた。

 川上選手は「プロの厳しい世界で期待に応えられるよう、努力していきたい」と話した。八重樫担当スカウトは「(元ヤクルトの)池山隆寛、広沢克実両選手のいいところを足した選手」と絶賛した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……