現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

東海大の菅野、日本ハム拒否の意向 祖父「1年間浪人」

2011年11月4日19時45分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 プロ野球ドラフト会議で日本ハムが1位指名した東海大の菅野智之投手について、東海大野球部顧問で祖父の原貢氏は4日、「入団せず、1年間浪人する方向で進んでいる」と話した。

 原氏は「(入団拒否は)本人、家族、野球部の共通認識」とし、「本人は少し前から腹を決めていた。一度決めたことを覆す男ではない」と話した。大学の練習に参加するなどして、来年度の巨人の指名を待つ見通しだという。日本ハム側は10月28日に東海大に指名のあいさつに訪れたが、菅野は同席せず。家族や本人との入団交渉は保留になっている。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……