現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

東海大の菅野、日本ハム入団を拒否 1年浪人へ

2011年11月21日19時8分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:記者会見で思いを語る東海大の菅野智之拡大記者会見で思いを語る東海大の菅野智之

 プロ野球ドラフト会議で日本ハムから1位指名を受けた東海大の菅野智之投手が21日、神奈川県平塚市の東海大野球部合宿所で記者会見し、入団を拒否したことを明らかにした。「遠回りになるかもしれないが、それ以上に小さい頃からの夢への気持ちが強かった」と、改めて巨人入りを目指す決意を語った。

 東海大の横井人輝監督によると、就職が決まらない学生のための「卒業延期制度」を利用し、大学に残る見込み。1年間野球部の練習に加わって来年のドラフト会議を待つ。菅野は「社会人に進むと(プロ入りに)2年かかってしまう。大学の方々にサポートしてもらうのが、一番いい選択だと思った」と説明した。

 来年は対外試合に出場できなくなる。実戦から離れるリスクは大きいが、「それも力に変えて一回りも二回りも大きくなってドラフトを迎えたい。絶対無駄な1年にはならないと思う」と力を込めた。

 菅野は巨人の原辰徳監督のおい。巨人を「特別な球団」といい、原監督と一緒にプレーすることを目標としてきた。10月のドラフト会議では巨人と日本ハムが1位指名し、日本ハムが交渉権を獲得した。

 21日朝に入団拒否の連絡を受けた日本ハムは、山田GMが入団交渉を継続する意思を示した。山田GMは、連絡をしてきたのは東海大の横井監督からで菅野本人ではないことで「正式回答ではないと受け止めている」と解釈。野球協約では交渉権は来年3月末までとなっており、「球団として重大な決意で指名した。進路がはっきりと定まっていない限りは粘り強く交渉を続けていきたい」とコメントした。

 ただ、菅野は「お会いするつもりはない」と断言した。

関連トピックス

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……