現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

「プロの実感湧いてきた」 光星学院・川上選手仮契約

2011年12月5日10時33分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:母・道子さん(左)と握手する川上竜平選手=八戸市鮫町の八戸シーガルビューホテル拡大母・道子さん(左)と握手する川上竜平選手=八戸市鮫町の八戸シーガルビューホテル

写真:ヤクルト球団スカウトの八重樫幸雄氏(左)と握手する川上竜平選手(右)=八戸市鮫町の八戸シーガルビューホテル拡大ヤクルト球団スカウトの八重樫幸雄氏(左)と握手する川上竜平選手(右)=八戸市鮫町の八戸シーガルビューホテル

 プロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名された光星学院の川上竜平選手が2日、八戸市のホテルで仮契約をかわした。

 契約後の会見では、「プロ野球選手としての実感が湧いてきた」と話し、担当スカウトの八重樫幸雄氏からヤクルトの帽子をかぶせてもらうと、「まだ何とも言えないです」とはにかんだ。

 八重樫氏は川上選手について「中軸も打てるバッター。体格も大きいし、瞬発力もある」と評価し、「早く中心選手として活躍してほしい」と話した。

 契約に同席した母・道子さんは「(プロ野球選手が)最大の目標でやってきた。幸せです」と語り、川上選手は「ここまでずっと支えてもらってきた。今度は(自分が)お母さんを支えたい」と話した。

 契約金7500万円、年俸720万円(金額はいずれも推定)。12月7日に東京のヤクルト本社である入団発表の際、本契約し、背番号が発表される。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……