現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


おかわり、口火切る オールスター第2戦

2009年7月26日10時50分

写真:2回表全パ無死、中村は左越えに同点の本塁打を放つ=諫山卓弥撮影2回表全パ無死、中村は左越えに同点の本塁打を放つ=諫山卓弥撮影

 本塁打か、空振りか。西武の中村がためらいのないフルスイングでわかせた。

 2回、31本塁打でパのトップをゆくパワーを見せる。大竹(広)の真っすぐを狙い打つと、左翼を守る金本(神)が一歩も動けない。「当たりは完璧(かんぺき)。よく飛んだんじゃないですか」。球宴初本塁打は2階席の後ろに張られているネットに突き刺さった。

 試合前の本塁打競争では優勝。「ブランコ(中)に勝っていけるかな、と」。セ・リーグの本塁打トップの男を破って気分を良くしていた。

 フルスイングでどよめきを誘える男は、そうはいない。「それを求められているからガンガン振っていった」。その後は2打席連続の空振り三振と二飛に。あだ名通りに本塁打の「おかわり」といかなかったが、一発合戦の口火を切る豪快な当たりだった。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内