現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


阪神の新外国人、マートン来日 赤星の穴埋め期待

2010年1月28日23時1分

写真:軽くバットを振ってみせたマートンは「1試合1試合を大事にしたい」。軽くバットを振ってみせたマートンは「1試合1試合を大事にしたい」。

 阪神の新外国人、マット・マートン外野手(28)が28日、来日した。巧打者タイプで、昨季限りで引退した赤星の穴埋めを期待される。

 「はじめまして。日本に来られてホンマにうれしい」。マートンの第一声は、関西弁を交えた確かな日本語だった。来日前に勉強し、甲子園の歴史も調べてきた。「かつてはベーブ・ルースもプレーした歴史のある球場。7回の風船飛ばしも(インターネットで)見て知っている」

 昨季はロッキーズでプレーし、大リーグ通算346試合に出場して打率2割8分6厘、29本塁打。「日本の野球に自分を合わせ、打つだけでなく、それ以外もしっかりやっていきたい」と語った。

 昨季途中に阪神に加入したクレイグ・ブラゼル内野手(29)も来日した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内