現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


前田健、広島最速の1億円突破 「最速って、いい」

2010年12月20日17時23分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:契約更改後に会見した前田健契約更改後に会見した前田健

 セ・リーグ投手3冠に輝き、沢村賞も獲得した広島の前田健太投手(22)が20日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7200万円増の年俸1億2千万円、タイトル料3千万円でサインした。高卒選手の5年目での1億円突破は、広島では6年目で上回った前田智より早く、セでは巨人の松井(現アスレチックス)、坂本と並ぶ最速タイとなった。

 栗原、永川勝とともに球団最高年俸に並んだ前田健は「1億円はプロに入ってからの一つの目標だった。球団最速っていうのがいい。カープの歴史に名前を残せてうれしい」。5年目の大台突破に「早すぎるとは思ってないけど、自分の想像をちょっと上回るぐらいのペース」とはにかんだ。

 28試合で最多勝(15勝8敗)、最優秀防御率(2.21)、最多奪三振(174)の三つのタイトルを獲得。このうち勝ち星と防御率には来季もこだわるという。「これからが大事。並の成績じゃ下がる一方だし、来季は背番号(18勝)ぐらい勝ちたい。年齢に関係なく投手陣を引っ張りたい」と自覚に満ちていた。(金額は推定)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……