現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


ソフトバンク、王会長が補強や選手育成の前面に

2010年1月5日20時16分

写真:鏡開きをする王会長(中央)鏡開きをする王会長(中央)

 ソフトバンクは仕事始めの5日、取締役会で組織改編を行い、中長期的な視野で選手補強や育成を進める編成委員会を新設した。笠井和彦オーナー代行が委員長を務め、王貞治会長が副委員長として実際に手腕をふるう。

 従来の編成調査部やスカウト部からは独立した組織で、外国人や新人の獲得、育成の方針を打ち出す。王会長は「昨年は秋山体制確立のために、自分でも(チームと)距離を置いていた。チームの強化のために役立たないといけないと感じた」と話した。

 一方、球団経営の事務機能を担当する経営企画室も新設した。同時に最高執行責任者(COO)や、チーム統括制度は廃止に。竹内孝規COOは顧問に退く。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内