現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


中日、1点差勝ち ヤクルトと1勝1敗 CS第2戦

2009年10月18日21時24分

写真:4回表、吉見は鬼崎を併殺に打ちとりガッツポーズ=遠藤啓生撮影4回表、吉見は鬼崎を併殺に打ちとりガッツポーズ=遠藤啓生撮影

写真:2回裏中日1死、谷繁は左越えに本塁打を放つ。捕手川本=杉本康弘撮影2回裏中日1死、谷繁は左越えに本塁打を放つ。捕手川本=杉本康弘撮影

写真:2回表ヤクルト2死一塁、川本は2点本塁打を放つ、捕手谷繁=杉本康弘撮影2回表ヤクルト2死一塁、川本は2点本塁打を放つ、捕手谷繁=杉本康弘撮影

写真:7回裏中日2死三塁、荒木は勝ち越しの中前適時打を放つ=遠藤啓生撮影7回裏中日2死三塁、荒木は勝ち越しの中前適時打を放つ=遠藤啓生撮影

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージ(3試合制)は18日、ナゴヤドームで第2戦があり、中日(シーズン2位)が3―2でヤクルト(同3位)を破り、対戦成績を1勝1敗とした。19日に行われる第3戦で、中日は勝ちか引き分けで、ヤクルトは勝てば、第2ステージ進出が決まる。

 先発投手は中日が吉見、ヤクルトが館山。中日は1回1死満塁から、和田の遊ゴロの間に1点を先取。ヤクルトも直後の2回、川本の左中間2ランで逆転した。しかし、中日はその裏、谷繁の左越えソロ本塁打で2―2の同点とした。さらに7回、荒木の右前適時打で1点を勝ち越し、ヤクルトの館山を降板させた。

 パ・リーグは第1ステージで楽天(同2位)がソフトバンク(同3位)を2連勝で下し、日本ハム(同1位)との第2ステージ(21日から札幌ドーム)進出を決めている。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内