現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


元広島監督の三村敏之さん死去 61歳

2009年11月3日16時15分

写真:三村敏之さん拡大三村敏之さん

 プロ野球・広島の元監督で、楽天の編成部長を務めていた三村敏之(みむら・としゆき)さんが3日午前10時5分、心不全のため仙台市内の病院で死去した。61歳だった。今年は肝臓の手術をして療養するなど体調はすぐれなかった。通夜は6日午後7時、葬儀は7日午後0時30分から広島市安佐南区長束2の4の9の玉泉院長束会館で。喪主は妻洋子さん。

 三村さんは67年に広島商高から広島に入団。攻守に堅実な遊撃手として活躍し、75年の球団の初優勝に貢献した。ベストナインに3度選出されるなど広島の黄金期を支え、83年に現役引退。17年間で1567試合に出場、打率2割5分5厘、149本塁打。広島でコーチや2軍監督を務め、94年から5年間、監督として指揮を執った。

 監督時代は優勝は果たせなかったが、江藤智内野手、金本知憲外野手らを起用し、育てた。07年12月からは楽天の編成部長を務め、10月29日のドラフト会議にも出席した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内