現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


「闘将」セ・パで首位打者 故・江藤慎一氏(野球殿堂・エキスパート部門)

2010年1月13日12時9分

写真:江藤慎一氏江藤慎一氏

 気持ちを前面に出したプレーで、「闘将」と呼ばれた江藤氏。1964、65年には2年連続で首位打者に輝き、巨人・王貞治の三冠王を阻んだ。実弟で慶大監督の省三氏は「ようやく仲間入りできたと思っているだろうな」。

 59年に中日に入団した新人当時の監督は杉下茂氏。この日の記者会見に出席した杉下氏は「捕手として入ってきたが、キャッチングが下手で」と苦笑しつつ、「アウトコースを引っ張れた。とにかく力があった」。力強い打撃を入団当初から評価し、外野手として育てたことを明かした。

 豪快なスタイルの半面、「兄弟には優しい、親代わりだった」と省三氏。「自分は高校までだったから3人の弟は大学を出す」と弟たちの学費をすべて負担したという。

 来月28日で三回忌。時に涙声で喜んだ省三氏は「兄が太平洋の兼任監督(75年)のときのエースが東尾さん。一緒に表彰されることを喜んでいると思う」と語った。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内