現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事

プロ野球

プロ野球メニューをスキップ


横浜ベイスターズ売却を打診 TBS、住生活G軸に

2010年10月1日3時3分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 プロ野球・横浜ベイスターズの親会社である東京放送(TBS)ホールディングス(本社・東京、財津敬三社長)が球団の売却に向けて最終調整に入ったことが30日わかった。譲渡先は、トステムやINAXを傘下に置く住宅設備最大手の住生活グループ(東証1部)を軸に協議している。TBSは景気低迷で広告収入の落ち込みが続いており、球団売却で財務体質の強化を図るのが狙いとみられる。

 住生活グループは、トステムがJリーグの鹿島アントラーズのオフィシャルスポンサーをつとめるなど、スポーツへの協賛に熱心なグループとして知られる。TBSは今春から、金融機関を通じるなどして複数の企業に球団の譲渡を打診。住生活グループは今年1月に立ち上げたグループブランド「LIXIL(リクシル)」の知名度を高める狙いもあり、前向きに検討している。

 TBSは横浜球団のオーナーで、グループ企業の保有分を合わせて球団株の69.2%を持つ。2002年、水産大手のマルハ(現マルハニチロホールディングス)から総額140億円で70万株の譲渡を受けて、筆頭株主になった。ほかにフジ・メディア・ホールディングス傘下のニッポン放送が約30%を保有している。

 テレビ業界は景気の低迷で、広告収入の落ち込みが続く。TBSも本業の放送事業がふるわず、10年3月期には連結で初めて23億円の純損失を計上。民放テレビキー局5社の中では唯一の赤字決算で、財務状態は厳しい。

 ベイスターズは08、09年とセ・リーグ最下位。09年10月に電通出身の加地隆雄社長が就任して刷新を図っているが、今季も3季連続での最下位が決まっている。放送コンテンツとしてのプロ野球の魅力も低下傾向にある中、中継放映権など本業とのシナジー(相乗)効果も薄いと判断したとみられる。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……