asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  野球  サッカー  スポーツ一般  コラム  記事一覧     ニュース特集   
     
 home >スポーツ > 野球   
 
室伏、始球式で球速129キロ 日米野球第7戦

始球式で観客に手を振るアテネ五輪金メダリストの室伏広治
始球式で観客に手を振るアテネ五輪金メダリストの室伏広治

 12日にナゴヤドームであった日米野球第7戦で、アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(ミズノ)が始球式のマウンドに登った。

 「投げることには何でも挑戦したい」という。「野球の経験はない」と言いながらも、投てき選手の投じた外角高めの剛球は球速129キロを表示。選手や観衆のどよめきを誘った。

 このシリーズの試合球は、日本の投手陣が戸惑っている大リーグの重い球。ところが室伏は「重いんですか?」。いつもは7.26キロの鉄球を投げているだけに、「ちょうどいい」と余裕の笑顔を見せた。

(11/12 21:37)


 関連情報  







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission