日本サッカー協会100周年記念企画

「ベルリンの奇跡」「メキシコ五輪銅メダル」「Jリーグ開幕」 「ジョホールバルの歓喜」「なでしこ世界一」・・・ あなたが選ぶ日本サッカー名勝負 10番

主催/朝日新聞社スポーツ事業部

協力/公益財団法人日本サッカー協会

 2021年9月10日、日本サッカー協会が大日本蹴球協会として創立してから100周年を迎えます。この一世紀の日本サッカーは挑戦と苦難の歴史を刻み、幾多の名勝負を演じてきました。あなたのまぶたに浮かぶ、日本サッカーの名勝負、思い出の一戦とはどのゲームでしょうか。

 世界への挑戦を続けてきた男女日本代表、五輪代表、年齢別日本代表、世界に例を見ない急成長を遂げたJリーグ、100年を超える歴史を持つ天皇杯、若き頂点を目指す全国高校選手権など、さまざまな日本サッカーシーンの名勝負250試合を年代順に選びました。

 実際に観戦して感動に打ち震えたゲーム、伝説や報道でしか知らないゲーム、歴史的価値があると思うゲーム、そしてほかの誰でもない自身の思い出にひもづいているゲーム。あなただけの名勝負10番をお選びください。

 私が選んだ10試合は・・・

田嶋幸三
公益財団法人日本サッカー協会会長
NOカテゴリー大会(試合)名
21招待試合日本-ベンフィカ
48五輪予選日本-タイ
80W杯最終予選日本-韓国
85アジアジュニアユース選手権(U16)準決勝日本-オマーン
93五輪予選日本-サウジアラビア
109W杯最終予選日本-イラン
182女子W杯ドイツ大会準々決勝日本-ドイツ
200全国高校選手権決勝富山第一-星稜
218クラブW杯鹿島-レアルマドリード
227W杯ロシア大会日本-コロンビア

田嶋会長のインタビューはこちら

閉じる
リストをみる
潮 智史
朝日新聞スポーツ部記者
閉じる
動画をみる

[ 応募方法 ]

  1. 下記「あなたが選ぶ名勝負10番・候補試合リスト」をクリックいただき、250試合のリストから10試合をお手元にメモしてください。この際に番号と順位をメモ頂くとスムーズに参加できます。
  2. 「応募はこちら」から応募ページに入ってください。
  3. 「朝日ID」のご登録をいただきます。既登録者はID(メールアドレス、パスワード)でログインし、応募ページにお入りください。
  4. お手元のメモ書きを、応募欄に打ち込んでください。候補試合リストに当てはまる試合がない場合は、自由回答欄に試合名を書き込み、順位もご記入ください。
  5. 氏名など必要事項にもれがないかをご確認ください。
  6. 「応募する」ボタンを押して、エントリーください。

あなたが選ぶ名勝負10番・候補試合リスト

NO 年代 日時 大会(試合)名 対戦カード カテゴリー 説明
1 1930年 5月29日 極東選手権 日本3-3中華民国 日本代表 中華民国と同時優勝ながら日本サッカーの初タイトル
2 1934年 12月8日 関東大学リーグ 早大7-7慶大 大学 リーグ戦同勝ち点による2試合目の優勝決定戦で壮絶な打ち合い
3 1936年 8月4日 ベルリン五輪 日本3-2スウェーデン 日本代表 初戦、優勝候補に0-2からの逆転勝利「ベルリンの奇跡」
4 1951年 5月27日 天皇杯全日本選手権 慶応BRB3-2大阪クラブ 一般 二宮洋一の慶応が川本泰三の大阪クを下す。優勝杯が天皇杯に
5 1954年 3月7日,14日 W杯予選 日本1-5、2-2韓国 日本代表 初の日韓戦、初のW杯予選。降雪後の強行が裏目に       
6 1956年 6月3日,10日 五輪予選 日本2-0、0-2韓国 日本代表 メルボルン五輪切符賭け2試合の死闘の末に「抽選」で出場権獲得
7 1959年 4月19日 アジアユース選手権 日本4-0シンガポール U18日本代表 第1回アジアユースの初戦に快勝で上位リーグへ
8 1962年 1月8日 全国高校選手権決勝 修道2-0山城 高校 のちに日本の主力となる森対釜本の対決は森の修道に軍配
9 1964年 10月14日 東京五輪 日本3-2アルゼンチン 日本代表 2度のビハインドを追いつき逆転勝利でグループ突破
10 1965年 10月10日 日本リーグ 東洋3-2八幡 日本サッカーリーグ 初年度の天王山、東洋が制して優勝へ大きく前進
11 1967年 1月15日 天皇杯全日本選手権 早大3-2東洋工業 一般 早大が日本リーグ2連覇の東洋を延長で破り大学勢最後の優勝
12 1967年 1月7日 全国高校選手権決勝 藤枝東0-0秋田商 高校 高校総体、国体制した藤枝東に秋田商が粘って両校優勝
13 1967年 6月21日 招待試合 日本2-1パルメイラス 日本代表 日本サッカー初めてプロチームから勝利
14 1967年 10月7日 五輪予選 日本3-3韓国 日本代表 メキシコ五輪出場をかけた雨中の死闘に国立が熱狂
15 1967年 11月26日 日本リーグ 古河3-3三菱 日本サッカーリーグ 優勝の可能性を残す直接対決、息もつかせぬ点の取り合いに
16 1968年 10月20日 メキシコ五輪準々決勝 日本3-1フランス 日本代表 釜本が2ゴールで欧州のサッカー強国くだす
17 1968年 10月24日 〃 3位決定戦 日本2-0メキシコ 日本代表 日本サッカー史の金字塔、銅メダル獲得の快挙達成
18 1968年 11月17日 日本リーグ 三菱1-1ヤンマー 日本サッカーリーグ メキシコ直後のリーグ戦の杉山・釜本対決に4万人を集める
19 1969年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 ヤンマー1-0三菱 一般 人気カードの決勝は、釜本ヤンマーが初の日本一
20 1970年 1月7日 全国高校選手権決勝 浦和南1-0初芝 高校 3冠(ほかに高校総体、国体)狙う浦和南が永井良和の決勝点で快挙達成
21 1970年 8月29日 招待試合 日本1-4ベンフィカ 日本代表 ポルトガルの名門来日、エウゼビオ4得点、釜本も一矢
22 1971年 5月3日 アジアユース選手権準決勝 日本0-0(PK5-6)韓国 日本ユース代表 双方無得点のままライバルとのPK戦で苦杯喫す
23 1972年 5月26日 招待試合 日本0-3サントス 日本代表 ペレが日本代表を相手に圧巻のプレーで2得点
24 1972年 9月14日 日韓定期戦 日本2-2韓国 日本代表 記念すべき第1回定期戦は、終了間際に釜本同点ゴール
25 1973年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 日立2-1ヤンマー 一般 オープン化第1回大会で日本リーグも制した「走る日立」が2冠
26 1974年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 三菱2-1日立 一般 現役引退を表明していた杉山の活躍で優勝の三菱が2冠
27 1974年 9月28日 日韓定期戦 日本4-1韓国 日本代表 韓国戦で15年ぶりの勝利は会心の3点差勝利
28 1975年 4月27日 日本リーグ 古河7-2永大 日本サッカーリーグ 開幕3連勝の永大を古河が奥寺、永井のスピードで粉砕
29 1975年 12月14日 三菱1-4ヤンマー 日本サッカーリーグ 勝った方が優勝の直接対決。釜本が2ゴールで大逆転
30 1976年 1月8日 全国高校選手権決勝 浦和南2-1静岡工 高校 関西最後の大会。田嶋の2得点で浦和南が2回目優勝
31 1976年 8月20日 ムルデカ大会 マレーシア2-2日本 日本代表 奥寺、釜本のゴールで引き分け決勝進出決める
32 1977年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 古河電工4-1ヤンマー 一般 古河が日本リーグとの2冠。エース奥寺はドイツへ渡った
33 1977年 1月8日 全国高校選手権決勝 浦和南5-4静岡学園 高校 初の首都圏開催、国立の晴れ舞台で浦和南と静岡学園が熱戦
34 1978年 1月8日 全国高校選手権決勝 帝京5-0四日市中央工 高校 帝京が圧巻の強さを見せて圧倒。早稲田が2ゴール
35 1979年 3月4日 日韓定期戦 日本2-1韓国 日本代表 下村監督体制スタートで、韓国に5年ぶりの勝利
36 1979年 8月25日 ワールドユース選手権 日本0-1スペイン U19日本代表 国内初の世界大会に臨み善戦も結果は出せず
37 1980年 12月14日 W杯予選壮行試合 日本代表2-3前日本代表 日本代表 ユニークな壮行試合は前日本代表が意地を見せて勝利
38 1980年 12月30日 W杯予選 日本0-1北朝鮮 日本代表 W杯スペイン大会を目指す若いチームで善戦も、延長で敗れる
39 1981年 11月1日 日本リーグ ヤンマー4-1本田 日本サッカーリーグ 釜本が空前絶後の日本サッカーリーグ200ゴールを達成
40 1982年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 日本鋼管2-0読売ク 一般 日本鋼管が初タイトル獲得。JSL2部勢初、2部も優勝
41 1982年 5月30日 ジャパンカップ 日本5-2フェイエノールト 日本代表 尾崎が4ゴール、欧州のチームにジャパンカップで初勝利
42 1982年 11月25日 アジア大会 日本2-1韓国 日本代表 インドでの戦いは、岡田武史のクリーンシュートで勝利
43 1983年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 ヤマハ1-0フジタ 一般 ヤマハが延長制し、日本鋼管に続き2部勢が連続優勝
44 1983年 11月27日 日本リーグ 読売ク3-1フジタ 日本サッカーリーグ 勝てば優勝の最終節、後半にラモスの2点などで決める
45 1984年 1月8日 全国高校選手権決勝 帝京1-0清水東 高校 国立に満員の観衆を集め、帝京が前田の決勝点で4度目V
46 1984年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 日産2-0ヤンマー 一般 水沼、柱谷幸ら大型補強が実らせた日産が悲願の初優勝
47 1984年 1月22日 スーパーサッカー 日本3-2コリンチャンス 日本代表 ブラジルの強豪チームに2勝1敗で勝ち越す快挙
48 1984年 4月15日 五輪予選 日本2-5タイ 日本代表 ロス五輪への戦いは最終予選初戦でタイに惨敗
49 1984年 9月30日 日韓定期戦 韓国1-2日本 日本代表 森孝慈監督の下、韓国に敵地で初勝利を飾った
50 1985年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 読売ク2-0古河 一般 戸塚の鮮やかな決勝ゴールで読売クが念願の初制覇
51 1985年 1月15日 スーパーサッカー 日本3-0ボルドー 日本代表 フランスの強豪に快勝、W杯予選にむけて弾み
52 1985年 3月21日 W杯予選 日本1-0北朝鮮 日本代表 メキシコ大会をめざして難敵に粘り勝ち、予選突破へ希望
53 1985年 5月30日 キリンカップ 日本0-1読売クラブ 日本代表 日本代表がクラブチームに敗れる屈辱味わう
54 1985年 8月25日 全国中学校大会決勝 明野(大分)4-2清水第五(静岡) 中学 大分の伏兵・明野中がサッカー王国をくだして初の日本一
55 1985年 9月22日 W杯予選 香港1-2日本 日本代表 敵地で貴重な勝利をあげ、韓国との最終予選へ進出
56 1985年 10月26日 日本1-2韓国 日本代表 ホームでの初戦で苦杯してW杯遠のく。木村伝説のFK
57 1986年 12月26日 アジアクラブ選手権決勝ラウンド第1戦 アル・ヒラル3-4古河電工 アジアクラブ 初のアジアチャンピオンへ。奥寺ハットトリック
58 1987年 1月8日 全国高校選手権決勝 東海大一2-0国見 高校 初出場同士の決勝、サントスのFKなどで東海第一
59 1987年 10月4日 五輪予選 中国0-1日本 日本代表 アウェーの中国戦で勝ち、ソウル五輪出場へ大きく前進
60 1987年 10月26日 日本0-2中国 日本代表 有利な状況で臨んだホーム試合で敗れソウル切符逃す
61 1988年 1月8日 全国高校選手権決勝 国見1-0東海大一 高校 前年度と同一のカードとなり、国見が雪辱を果たし初優勝
62 1989年 6月4日 W杯予選 日本2-1北朝鮮 日本代表 W杯イタリア大会出場へ望みをつなぐ
63 1990年 10月6日 アジア大会 日本女子1-1北朝鮮女子 女子日本代表 初めて正式種目となった女子サッカーで準優勝
64 1990年 1月8日 全国高校選手権決勝 南宇和2-0武南 高校 攻撃サッカーの南宇和が四国に初のタイトルをもたらす
65 1991年 6月9日 キリンカップ 日本4-0トットナム 日本代表 イングランドの名門に快勝し、キリンカップで初優勝
66 1991年 9月1日 JSLカップ決勝 読売ク4-3本田 日本サッカーリーグ 激しく競り合い、本田から移籍した北沢決勝ゴール
67 1991年 11月3日 コニカカップ決勝 トヨタ6-5本田 日本サッカーリーグ 激しい点のとり合い。トヨタが延長で制し初タイトル
68 1992年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 日産4-1読売ク 一般 人気カードに6万人の観客、延長で日産突き放す
69 1992年 1月8日 全国高校選手権決勝 四日市中央工2-2帝京 高校 中西、小倉の四日市中央工と阿部、松波の帝京との決勝は両校優勝
70 1992年 5月31日 キリンカップ 日本0-1アルゼンチン 日本代表 オフトジャパンスタート。アルゼンチンに善戦
71 1992年 8月29日 ダイナスティカップ決勝 日本2-2(PK4-2)韓国 日本代表 PK戦で勝利し、東アジアで初優勝をとげる
72 1992年 11月23日 ナビスコカップ決勝 読売ク1-0清水 Jリーグ Jリーグ前哨戦は読売クがカズのゴールで優勝
73 1992年 11月3日 アジアカップ 日本1-0イラン 日本代表 カズ決勝点で「足に魂込めました」。劇的にグループ突破
74 1992年 11月8日 〃  決勝 日本1-0サウジアラビア 日本代表 カズのパスを受けた高木が決勝ゴール。初のアジア制覇
75 1993年 4月18日 W杯予選 日本2-0UAE 日本代表 1次予選の強敵に快晴の国立で快勝、米国行きに弾み
76 1993年 5月15日 Jリーグ第1節 横浜マ2-1ヴ川崎 Jリーグ Jリーグ開幕戦。ヴ川崎が先制も、横浜マが逆転勝利
77 1993年 5月16日 Jリーグ第1節 鹿島5-0名古屋 Jリーグ カシマスタジアム開幕戦、ジーコがハットトリック
78 1993年 8月26日 世界ジュニアユース選手権(U17世界選手権) 日本2-1メキシコ U17日本代表 開催国として出場し、この勝利でグループリーグを突破
79 1993年 10月21日 W杯最終予選 日本3-0北朝鮮 日本代表 苦しいスタートを一掃、カズ2ゴールで初勝利
80 1993年 10月25日 日本1-0韓国 日本代表 韓国に完勝して悲願のW杯初出場へ王手
81 1993年 10月28日 日本2-2イラク 日本代表 イラクに終了間際の同点許した「ドーハの悲劇」
82 1994年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 横浜フ6-2鹿島 一般 Jリーグ開始直後。横浜フ対鹿島のフレッシュ対戦は延長の激闘に
83 1994年 5月29日 キリンカップ 日本1-4フランス 日本代表 ファルカン体制スタート、フルメンバーのフランスに完敗
84 1994年 9月20日 アジアユース選手権 日本1-0韓国 U19日本代表 準決勝ではイラクを破り、初めて予選を突破してWユース出場を決める
85 1994年 10月30日 アジアジュニアユース選手権(U16)準決勝 日本4-3オマーン U16日本代表 1-3から逆転し、延長Vゴールで勝利。初めて予選を突破して本大会出場
86 1994年 11月1日 〃 決勝 日本1-0カタール U16日本代表 稲本らのちの黄金世代で延長Vゴールの末に初優勝
87 1994年 12月2日 Jリーグチャンピオンシップ第2戦 ヴ川崎1-0広島 Jリーグ アウェーの第1戦も勝利。第2戦はラモスの芸術弾で優勝を決めた
88 1995年 1月6日 インターコンチネンタル選手権 日本0-3ナイジェリア 日本代表 加茂体制初陣、世界大会でアフリカ王者に完敗
89 1995年 2月26日 ダイナスティカップ決勝 日本2-2(PK5-3)韓国 日本代表 PK戦でライバルを突き放し、ダイナスティカップ連覇
90 1995年 4月23日 ワールドユース選手権準々決勝 日本1-2ブラジル U20日本代表 予選リーグを突破し、準々決勝でブラジルと対戦。先制するも逆転を許す
91 1995年 6月3日 国際チャレンジ大会 イングランド2-1日本 日本代表 井原ゴール、聖地ウェンブリースタジアムで「母国」と対戦し善戦
92 1995年 12月6日 Jリーグチャンピオンシップ第2戦 ヴ川崎0-1横浜マ Jリーグ 第1戦も1-0で勝った横浜マが井原の決勝点でJ初優勝
93 1996年 3月24日 五輪予選 日本2-1サウジアラビア U23日本代表 前園2ゴール、28年ぶりにアトランタ五輪出場決める
94 1996年 5月18日 Jリーグ第15節 横浜フ1-1鹿島 Jリーグ 新旧ブラジル代表がプレー。PK戦にもつれ込み、横浜フが勝利
95 1996年 5月29日 キリンカップ 日本3-2メキシコ 日本代表 メキシコとの接戦制してキリンカップ優勝
96 1996年 8月25日 国際親善試合 日本5-3ウルグアイ 日本代表 5ゴールを量産し南米の強豪との打ち合い制す
97 1996年 7月21日 アトランタ五輪 日本1-0ブラジル U23日本代表 マイアミの奇跡。最強ブラジルを伊東の決勝点で撃破
98 1996年 9月25日 ナビスコカップ決勝 清水3-3(PK5-4)ヴ川崎 Jリーグ 4連覇を狙うヴ川崎を清水が3-3の激戦の末、PK戦で破る
99 1997年 1月8日 全国高校選手権決勝 市船橋2-1桐光学園 高校 6試合連続得点の北嶋率いる市船橋が中村俊輔の桐光を退ける
100 1997年 4月12日 Jリーグ第1節 ガ大阪4-1平塚 Jリーグ 開幕戦でエムボマが驚愕のボレーシュートを決めデビュー
101 1997年 6月8日 キリンカップ 日本4-3クロアチア 日本代表 翌年W杯で対戦するクロアチアに競り勝つ。その後トルコにも勝利し大会3連覇
102 1997年 6月20日 世界ユース選手権 日本6-2コスタリカ U20日本代表 ゴールラッシュでGS突破へ前進。次戦パラグアイ戦も勝ち点をあげ、ベスト8へ
103 1997年 6月22日 W杯予選 日本10-0マカオ 日本代表 カズがダブルハットトリック(1試合6得点以上)をマーク
104 1997年 9月7日 W杯最終予選 日本6-3ウズベキスタン 日本代表 フランスへの長い戦い開始、最終予選6ゴールでスタート
105 1997年 9月28日 日本1-2韓国 日本代表 山口が伝説のループシュートでゴールも痛恨の逆転負け
106 1997年 10月4日 カザフスタン1-1日本 日本代表 終了間際に同点弾を許し加茂監督解任につながる引き分け
107 1997年 10月26日 日本1-1UAE 日本代表 両チーム計7人が警告を受ける荒々しい試合、予選突破のピンチ
108 1997年 11月1日 韓国0-2日本 日本代表 すでに出場を決めている相手にソウルで起死回生の勝利
109 1997年 11月16日 日本3-2イラン 日本代表 ジョホールバルの歓喜。同点で迎えた延長で岡野が決勝点
110 1998年 1月8日 全国高校選手権決勝 東福岡2-1帝京 高校 東福岡が制し、全国高校総体、全日本ユース選手権とあわせ3冠達成
111 1998年 6月14日 W杯フランス大会 日本0-1アルゼンチン 日本代表 ワールドカップ(W杯)本大会初ゲーム
112 1999年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 横浜フ2-1清水 一般 横浜マリノス(現横浜F・マリノス)への吸収合併が決まり、意地の優勝
113 1999年 4月18日 世界ユース選手権準々決勝 日本2-0メキシコ U20日本代表 初のベスト4進出を難敵相手の快勝で果たす
114 1999年 4月21日 〃 準決勝 日本2-1ウルグアイ U20日本代表 優勝候補に競り勝ち、世界大会で初のファイナル進出
115 1999年 4月30日 アジアクラブ選手権決勝 エステグラル1-2磐田 アジアクラブ イランでの文字通り完全アウェー戦を乗り越え磐田が初優勝
116 1999年 5月5日 Jリーグ第1ステージ第11節 磐田2-1鹿島 Jリーグ 黄金期を迎えた両チーム国立で対戦。藤田が延長Vゴール
117 1999年 12月11日 Jチャンピオンシップ第2戦 清水2-1(PK2-4)磐田 Jリーグ 清水が沢登のFKなどで2試合合計追いつくも、PK戦で敗れる
118 2000年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 名古屋2-0広島 一般 名古屋が2度目V。広島は前身の東洋工業、マツダ時代含めて決勝6連敗
119 2000年 6月4日 ハッサン二世杯 日本2-2(PK2-4)フランス 日本代表 世界王者フランスと接戦で渡り合うも、PK戦で惜敗
120 2000年 6月6日 日本4-0ジャマイカ 日本代表 2年前のW杯フランス大会での借りを大量点で返す
121 2000年 9月23日 シドニー五輪準々決勝 日本2-2(PK4-5)米国 U23日本代表 中田英PK戦失敗が響いた。ベスト4入り一歩手前で敗退
122 2000年 10月14日 アジアカップ 日本4-1サウジアラビア 日本代表 初戦で優勝候補の一角に大勝して大会制覇にスタート
123 2000年 10月17日 日本8-1ウズベキスタン 日本代表 2戦目も攻撃サッカー爆発し、大量8ゴール
124 2000年 10月29日 〃決勝 日本1-0サウジアラビア 日本代表 5万人観衆のほとんどが相手チームの応援の中勝利
125 2000年 11月26日 Jリーグ第2ステージ最終節 鹿島0-0柏 Jリーグ 優勝争う両チームが直接対戦、ドローで鹿島がV
126 2001年 3月24日 国際親善試合 フランス5-0日本 日本代表 母国に完敗。トルシエ監督は「フランスは予想以上だった」
127 2001年 6月2日 コンフェデレーションズカップ 日本2-0カメルーン 日本代表 先発初出場の鈴木隆行が覚醒の2ゴールをマーク
128 2001年 6月7日 〃準決勝 日本1-0オーストラリア 日本代表 大雨の激闘、中田英の一撃で制し、ふる代表の公式大会で初の決勝進出
129 2001年 6月10日 〃決勝 フランス1-0日本 日本代表 中田英がセリエAのためにイタリアへ戻り欠場、初Vならず
130 2001年 11月7日 国際親善試合 日本1-1イタリア 日本代表 埼玉スタジアムで初の代表戦は強豪と堂々の引き分け
131 2001年 11月18日 J2最終節 仙台1-0京都 Jリーグ 勝てば初のJ1昇格が決まる状況でロスタイムに財前が決める
132 2001年 12月8日 Jリーグチャンピオンシップ第2戦 鹿島1-0磐田 Jリーグ 0-0で延長へ突入、小笠原のFKがVゴールとなり鹿島が戴冠
133 2002年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 清水3-2C大阪 一般 清水が延長Vゴールを決め、3度目の挑戦でついに戴冠
134 2002年 5月7日 強化試合 レアル・マドリード1-0日本 日本代表 クラブとは対戦しない禁を破り名門チームと対戦も惜敗
135 2002年 6月4日 W杯日韓大会 日本2-2ベルギー 日本代表 自国開催大会初戦、W杯初勝ち点。鈴木隆行のつま先ゴールが話題に
136 2002年 6月9日 日本1-0ロシア 日本代表 稲本が歓喜の決勝ゴール、W杯における初勝利
137 2002年 6月14日 日本2-0チュニジア 日本代表 交代策(森島、市川)冴え、2-0快勝で初の決勝トーナメント進出
138 2002年 6月18日 決勝トーナメント1回戦 日本0-1トルコ 日本代表 布陣、スタメン(メンバー)変更し挑むもベスト8ならず
139 2002年 10月16日 キリンチャレンジ 日本1-1ジャマイカ 日本代表 ジーコ新監督初陣、欧州で活躍する4人先発。先制するも白星ならず
140 2002年 11月23日 Jリーグ1部第2ステージ最終節 磐田1-0東京ヴ Jリーグ 延長Vゴールで磐田が今節勝利。第2ステージも制し史上初完全優勝果たす
141 2003年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 京都2-1鹿島 一般 京都初タイトル。朴智星、松井、黒部のトリオ活躍
142 2003年 11月23日 J2第44節 新潟1-0大宮 Jリーグ 2年連続あと一歩で昇格を逃した3度目の挑戦、最終節ホームで優勝決める
143 2003年 11月29日 J1第2ステージ第15節 横浜マ2-1磐田 Jリーグ 2位の横浜マが最終戦で逆転勝利、完全優勝決める
144 2004年 4月24日 五輪予選 日本3-0北朝鮮 女子日本代表 前年0-3で敗れている相手に快勝、アテネへの切符つかむ
145 2004年 7月31日 アジアカップ準々決勝 日本1-1(PK4-3)ヨルダン 日本代表 悪条件のピッチでPKスポット変更を要求し大逆転。PK戦で勝利
146 2004年 8月3日 〃 準決勝 日本4-3バーレーン 日本代表 後半終了直前に追いつき3-3で延長戦へ。決勝点を決め競り勝った
147 2004年 8月7日 〃 決勝 日本3-1中国 日本代表 完全アウェーの異様な雰囲気の中でも力の差見せつける
148 2004年 8月15日 アテネ五輪 日本2-3イタリア U23日本代表 ピルロ、デロッシら揃うイタリアと接戦も2連敗で1次リーグ敗退
149 2004年 12月11日 Jリーグチャンピオンシップ第2戦 浦和1-0(PK2-4)横浜マ Jリーグ 浦和がホームで追いつくが、2戦合計1-1となりPK戦で横浜マが勝利
150 2005年 6月8日 W杯最終予選 北朝鮮0-2日本 日本代表 中立国(バンコク)での無観客開催でW杯出場を決める
151 2005年 6月19日 コンフェデレーションズカップ 日本1-0ギリシャ 日本代表 ドイツで堅守の欧州王者を破る快挙
152 2005年 11月5日 ナビスコカップ決勝 千葉0-0(PK5-4)ガ大阪 Jリーグ 延長戦でも勝敗付かずPK戦でオシム監督に率いる千葉が初タイトル
153 2005年 12月3日 J1第34節 川崎2-4ガ大阪 Jリーグ 5チームが優勝の可能性を残す最終節、ガ大阪が初優勝
154 2005年 12月10日 Jリーグ入れ替え戦第2戦 柏2-6甲府 Jリーグ 第1戦ホームで2-1勝利の後、アウェーでバレーが6ゴールを記録し、昇格
155 2006年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 浦和2-1清水 一般 浦和レッズとして初、三菱時代から四半世紀ぶり天皇杯優勝
156 2006年 1月9日 全国高校選手権決勝 野洲2-1鹿児島実 高校 テクニック生かして初優勝。延長後半終了間際、圧巻の決勝ゴール
157 2006年 5月30日 国際親善試合 ドイツ2-2日本 日本代表 カウンター冴え、開催国ドイツに引き分けも内容で上回る
158 2006年 6月12日 W杯ドイツ大会 オーストラリア3-1日本 日本代表 中村のFKで先制しながらパワーに押されて終盤に逆転負け
159 2006年 9月17日 U17アジア選手権 日本4-2北朝鮮 U16日本代表 柿谷中心に延長の末4-2で北朝鮮に競り勝って2回目の優勝。世界へ
160 2006年 12月2日 J1第34節 浦和3-2ガ大阪 Jリーグ 最終節で1位、2位直接対決、浦和がリーグ戦初優勝
161 2007年 9月11日 女子W杯中国大会 日本2-2イングランド なでしこジャパン ロスタイムに宮間が1点目に続きFKを直接決めて追いついた
162 2007年 7月21日 アジアカップ 日本1-1(PK4-3)オーストラリア 日本代表 前年W杯で敗れた相手に延長、PK戦の末に競り勝った
163 2007年 9月11日 3大陸トーナメント スイス3-4日本 日本代表 欧州選手権開催国と打ち合いの末に劇的勝利
164 2007年 10月17日 キリンチャレンジ 日本4-1エジプト 日本代表 大久保嘉人、デビュー以来21試合目での初ゴール含む2得点
165 2008年 11月21日 五輪予選 日本0-0サウジアラビア U22日本代表 苦戦続き0-0引き分けるも4大会連続本大会へ
166 2008年 6月2日 W杯3次予選 日本3-0オマーン 日本代表 第2期岡田監督体制下で「自分流」を押し出し快勝
167 2008年 11月1日 ナビスコカップ決勝 大分2-0清水 Jリーグ シャムスカ監督の下、大分が初タイトル獲得
168 2008年 12月6日 J1第34節 千葉4-2FC東京 Jリーグ 残留を賭けた試合で千葉が2点を失いながら大逆転
169 2008年 12月18日 クラブW杯 マンチェスター・ユナイテッド5-3ガ大阪 クラブ国際試合 欧州王者を相手に3ゴールを奪って慌てさせる
170 2009年 6月6日 W杯最終予選 ウズベキスタン0-1日本 日本代表 岡崎鮮やかダイビングヘッド、4大会連続出場決める
171 2009年 10月27日 U17W杯ナイジェリア大会 日本3-4スイス U17日本代表 宇佐美らプラチナ世代で出場も3戦全敗も、優勝したスイスと互角
172 2010年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 ガ大阪4-1名古屋 一般 遠藤中心にボールを支配して連覇達成
173 2010年 6月14日 W杯南アフリカ大会 日本1-0カメルーン 日本代表 本大会初戦そこまでの4連敗をはねのける勝利
174 2010年 6月24日 日本3-1デンマーク 日本代表 本田、遠藤FKで快勝、グループステージ突破
175 2010年 6月29日 〃 決勝トーナメント1回戦 日本0-0(PK3-5)パラグアイ 日本代表 PK戦で敗戦。ベスト8へあと一歩届かず
176 2010年 10月8日 キリンチャレンジカップ 日本1-0アルゼンチン 日本代表 ザッケローニ体制初戦、アルゼンチンに初勝利
177 2011年 1月17日 アジアカップ1次リーグ最終戦 日本5-0サウジアラビア 日本代表 難敵に5ゴール快勝でベスト8へ
178 2011年 1月25日 アジアカップ準決勝 日本2-2(PK3-0)韓国 日本代表 PK戦で勝利。宿敵との激戦制して決勝へ
179 2011年 1月29日 アジアカップ決勝 日本1-0オーストラリア 日本代表 延長戦、李忠成の決勝ボレーで4回目の優勝
180 2011年 3月29日 東日本大震災復興支援慈善試合 日本代表2-1Jリーグ選抜 日本代表 東日本大震災復興チャリティー試合、三浦知良がゴール
181 2011年 4月23日 J1第7節 川崎1-2仙台 Jリーグ 大震災後最初の試合で仙台がアウェーで逆転勝利
182 2011年 7月9日 女子W杯ドイツ大会準々決勝 ドイツ0-1日本 なでしこジャパン 開催国に苦しみながら延長で丸山が決勝ゴール
183 2011年 7月17日 〃 決勝 日本2-2(PK3-1)米国 なでしこジャパン 優勝候補相手に粘って追いつき、PK戦(3-1)で勝ち切る
184 2011年 8月10日 キリンチャレンジカップ 日本3-0韓国 日本代表 10番を背負う香川の2得点で宿敵を圧倒した
185 2011年 12月3日 J1第34節 浦和1-3柏 Jリーグ アウェーでも3点を奪って快勝、初優勝を決める
186 2012年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 FC東京4-2京都 一般 史上初J2同士の決勝を制し、FC東京クラブ初の天皇杯タイトル
187 2012年 6月8日 W杯最終予選 日本6-0ヨルダン 日本代表 最終予選で快勝、順調に勝ち進む
188 2012年 7月26日 ロンドン五輪 日本1-0スペイン U23日本代表 優勝候補との初戦、堅守と永井の俊足生かし勝利
189 2012年 8月4日 〃 準々決勝 日本3-0エジプト U23日本代表 3ゴール快勝で44年ぶり準決勝進出をはたす
190 2012年 8月6日 ロンドン五輪女子準決勝 日本2-1フランス なでしこジャパン 欧州の強豪を下してメダルを確定
191 2012年 8月9日 〃 決勝 日本1-2アメリカ なでしこジャパン 前年のW杯の再現は雪辱許すも銀メダル獲得
192 2012年 10月12日 国際親善試合 フランス0-1日本 日本代表 アウェ-で、フランスに初勝利
193 2012年 11月24日 J1第33節 広島4-1C大阪 Jリーグ ホームで4ゴール、1試合を残して初のJ制覇達成
194 2013年 6月4日 W杯最終予選 日本1-1オーストラリア 日本代表 終了間際に本田がPKを決めて予選突破
195 2013年 6月19日 コンフェデレーションズカップ 日本3-4イタリア 日本代表 ブラジルでのコンフェデ杯でイタリアと激戦
196 2013年 7月28日 東アジアカップ 韓国1-2日本 日本代表 敵地で韓国を破り優勝決める
197 2013年 11月16日 国際親善試合 オランダ2-2日本 日本代表 オランダと互角以上の戦いで引き分け
198 2013年 11月19日 ベルギー2-3日本 日本代表 敵地で接戦に競り勝ってベルギーに初勝利
199 2014年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 横浜マ2-0広島 一般 旧国立最後の決勝戦。横浜マが前身の日産時代を含めて7回目優勝
200 2014年 1月13日 全国高校選手権決勝 富山第一3-2星稜 高校 史上初北信越対決。2点差から追いつき、延長終了間際に劇的逆転勝利
201 2014年 4月4日 U17女子W杯コスタリカ大会決勝 日本2-0スペイン U17日本女子代表 スペインに快勝して世界一。杉田が大会最優秀選手に
202 2014年 6月14日 W杯ブラジル大会 日本1-2コートジボワール 日本代表 本大会初戦、本田のゴールで先制しながら逆転負け
203 2014年 6月24日 日本1-4コロンビア 日本代表 グループステージ突破を賭けて挑むもカウンターから4失点
204 2014年 10月17日 U19アジア選手権準々決勝 日本1-1(PK4-5)北朝鮮 U19日本代表 内容では圧倒するも延長でも勝敗つかず、PK戦で敗れる
205 2014年 11月8日 ナビスコカップ決勝 ガ大阪3-2広島 Jリーグ 0-2とリードされたガ大阪が3点を奪って大逆転勝利
206 2014年 11月30日 J1昇格プレーオフ準決勝 磐田1-2山形 Jリーグ 昇格への挑戦権を賭け1-1で迎えた終了間際、GK山岸の決勝ヘッド
207 2015年 1月12日 全国高校選手権決勝 星稜4-2前橋育英 高校 星稜監督の不在はねのけ、前年度の雪辱果たす
208 2015年 1月12日 アジアカップ 日本4-0パレスチナ 日本代表 アギーレ体制で初の公式大会、初戦で快勝スタート
209 2015年 1月23日 アジアカップ準々決勝 日本1-1(PK4-5)UAE 日本代表 香川が失敗するなどPK戦で敗れ、準々決勝へ進めず
210 2015年 7月2日 女子W杯カナダ大会準決勝 日本2-1イングランド なでしこジャパン 終了間際の決勝ゴールで前回大会に続く決勝へ
211 2015年 12月2日 J1チャンピオンシップ決勝第1戦 ガ大阪2-3広島 Jリーグ 前年3冠ガ大阪との対戦。アウェーで1-2から終了間際に逆転
212 2016年 1月30日 U23アジア選手権決勝 日本3-2韓国 U23日本代表 リオ五輪への切符を獲得した後、韓国に大逆転で優勝
213 2016年 6月3日 キリンカップ 日本7-2ブルガリア 日本代表 ハリル体制、欧州の伝統国に7ゴール大勝
214 2016年 10月24日 U19アジア選手権準々決勝 日本4-0タジキスタン U19日本代表 この試合に勝利し、5大会ぶりにU-20W杯出場を決めた
215 2016年 10月30日 U19アジア選手権決勝 日本0-0(PK5-3)サウジアラビア U19日本代表 PK戦で勝利し、初めてこの年代でのアジア制覇果たす
216 2016年 12月3日 J1チャンピオンシップ決勝第2戦 浦和1-2鹿島 Jリーグ ホームで0-1のビハインドを金崎の2ゴールでアウェーゴールで勝る
217 2016年 12月14日 クラブW杯準決勝 鹿島3-0アトレチコ・ナシオナル クラブ国際試合 J1王者として出場、南米王者を3ゴールで撃破
218 2016年 12月18日 クラブW杯決勝 鹿島2-4レアル・マドリード クラブ国際試合 アジア勢として初めて決勝に進み巨星レアルと90分は2-2
219 2017年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 鹿島2-1川崎 一般 大阪での天皇杯決勝は56大会ぶり。鹿島が5回目V
220 2017年 8月31日 W杯最終予選 日本2-0豪州 日本代表 W杯予選では初めて豪州を破り、6大会連続W杯出場を決める
221 2017年 9月13日 ACL準々決勝第2戦 浦和4-1川崎 クラブ国際試合 第一戦1-3と敗れて、第二戦70分まで1-1の状況から大逆転
222 2017年 10月14日 J1第29節 川崎3-2仙台 Jリーグ 前半のうちに退場者を出し0-2のビハインドを跳ね返す
223 2017年 11月4日 ルヴァンカップ決勝 セ大阪2-0川崎 Jリーグ リーグ制覇に近づく相手にゴールを許さずセ大阪として初タイトル
224 2017年 11月25日 ACL決勝第2戦 浦和1-0アルヒラル クラブ国際試合 ラファエルシルバのゴールで10年ぶりにアジア王座へ
225 2017年 12月2日 J1第34節 川崎5-0大宮 Jリーグ 勝てば初優勝の最終節、等々力で5ゴールを奪い戴冠
226 2018年 6月12日 国際親善試合 日本4-2パラグアイ 日本代表 西野体制3戦目で初勝利。本番ヘはずみ
227 2018年 6月19日 W杯ロシア大会 日本2-1コロンビア 日本代表 大迫決勝点、前回の大敗の借りを返して好発進
228 2018年 6月24日 日本2-2セネガル 日本代表 2度追いつき決勝トーナメント進出へ前進
229 2018年 7月2日 日本2-3ベルギー 日本代表 2-0のリードも逆転許し、初のベスト8進出ならず
230 2018年 8月24日 U20女子W杯 日本3-1スペイン U20日本女子代表 U17に続いて世界一に。女子が全カテゴリー制覇
231 2018年 10月3日 ACL準決勝第1戦 鹿島3-2水原 クラブ国際試合 開始6分で2点を失うが、追い上げて終了間際に内田が決勝点
232 2018年 10月7日 U16アジア選手権 日本1-0タジキスタン U16日本代表 エース西川の決勝ゴールで3回目の優勝を果たす
233 2018年 10月16日 キリンチャレンジ 日本4-3ウルグアイ 日本代表 森保体制3戦目、南米の強豪に競り勝つ
234 2018年 10月20日 J1第30節 川崎5-3神戸 Jリーグ イニエスタ、ポドルスキもお手上げの5ゴールラッシュ
235 2018年 11月3日 ACL決勝第1戦 鹿島2-0ペルセポリス クラブ国際試合 初の決勝進出でレオシルバ、セルジーニョのゴールで王手
236 2019年 1月21日 アジアカップ 日本1-0サウジアラビア 日本代表 押されながら難敵に競り勝ち準々決勝へ
237 2019年 1月28日 〃 準決勝 日本3-0イラン 日本代表 ここまで無敗の優勝候補に3-0の快勝でファイナルへ
238 2019年 2月1日 〃 決勝 日本1-3カタール 日本代表 W杯へ向け強化する相手にスキを突かれ優勝逃す
239 2019年 6月22日 コパアメリカ ウルグアイ2-2日本 日本代表 南米選手権に参加、初戦大敗も立て直して互角の戦い
240 2019年 7月19日 ユニバーシアード決勝 日本4-1ブラジル ユニバー代表 三笘、旗手、上田らの活躍でブラジルを圧倒し通算7回目の優勝
241 2019年 10月26日 ルヴァンカップ決勝 川崎3-3(PK5-4)札幌 Jリーグ 攻撃サッカー標榜する両チームが取り合いの末、PK戦で川崎が初V
242 2019年 10月27日 U17W杯ブラジル大会 日本3-0オランダ U17日本代表 グループステージ初戦で欧州王者オランダに完勝
243 2019年 11月2日 なでしこリーグ 日テレ4-0仙台 なでしこリーグ 小林がハットトリック、日テレが快勝で史上初のリーグ5連覇達成
244 2019年 11月24日 J2最終節 柏13-1京都 Jリーグ J1昇格をすでに決めた柏がゴールラッシュ、オルンガ8得点
245 2019年 11月30日 J1第33節 川崎1-4横浜マ Jリーグ 前年王者に敵地で4ゴール奪い快勝、15年ぶりVに王手
246 2020年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 神戸2-0鹿島 一般 新国立で初めての決勝。神戸がチーム創設後、初タイトル獲得
247 2020年 1月13日 全国高校選手権決勝 静岡学園3-2青森山田 高校 静岡学園が終盤の大逆転でを演じて初の単独優勝
248 2020年 11月25日 J1第29節 川崎5-0ガ大阪 Jリーグ 首位川崎が2位のガ大阪を等々力に迎え大勝で優勝決定
249 2021年 1月1日 天皇杯全日本選手権決勝 川崎1-0ガ大阪 一般 コロナ下で変則的な方式となった100回目の大会で川崎初V
250 2021年 3月25日 国際親善試合 日本3-0韓国 日本代表 ひさしぶりの国際試合となった日韓戦は胸のすく完勝

たくさんのご応募を頂き、ありがとうございました。応募は終了いたしました。

[ 応募資格・条件 ]
年齢など不問で、どなたでも応募できます。応募の際、「朝日ID」への登録が条件になります。
[ 応募しめきり ]
2021年8月15日(日) 23時59分
[ プレゼント ]

応募者の中から抽選で

  • A賞:サッカー日本代表 100周年アニバーサリーユニフォーム 3名様
  • B賞:JFA100周年デザインのオフィシャルグッズ 10名様
  • C賞:SAMURAI BLUE オリジナルデジタルフォト 50名様
  • D賞:SAMURAI BLUE スマホフック 100名様

をお送りします。

なお当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。

A賞

©2021 adidas Japan K.K. adidas, the 3-Bars logo and the 3-Stripes mark are trademarks of the adidas Group.
©2021 adidas Japan K.K. adidas, the 3-Bars logo and the 3-Stripes mark are trademarks of the adidas Group.
[ 問い合わせ先 ]

「あなたが選ぶ日本サッカー名勝負10番」受付事務局

問い合わせ:soccer100years@asahiculture.com

(対応時間:10 ~ 17時 土日祝日は除く)