現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

香川が右足小指骨折 決勝は欠場 サッカー・アジア杯

2011年1月26日22時56分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:右足にテープを巻いた状態で韓国戦の勝利を喜ぶ香川=西畑志朗撮影右足にテープを巻いた状態で韓国戦の勝利を喜ぶ香川=西畑志朗撮影

 【ドーハ=河野正樹】日本サッカー協会は26日、当地でアジアカップに出場している日本代表MF香川(ドルトムント)が準決勝・韓国戦で負傷し、右足小指のつけ根の骨折と診断されたと発表した。決勝の出場は絶望的だという。香川は26日の練習を休み、ドーハ市内の病院で診察を受けたところ、骨折が判明した。

 香川はこの大会で準決勝まで左MFとして5試合連続で先発出場し、準々決勝カタール戦では2得点を挙げた。韓国戦では、後半42分に途中交代していた。ザッケローニ監督は同日午前の練習後、「香川は大丈夫」と話していたが、決勝の豪州戦を控え、チームは貴重な戦力を失った。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。