現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

「試合を楽しめた」 磐田・前田選手、アジア杯優勝報告

2011年2月8日0時50分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:川勝知事にスパイクをプレゼントする前田選手=県庁拡大川勝知事にスパイクをプレゼントする前田選手=県庁

 1月に行われたサッカーのアジア杯で、3得点を挙げて日本の優勝に貢献したジュビロ磐田のFW前田遼一選手(29)が7日、静岡県庁に川勝平太知事を訪ね、大会での活躍を報告するとともに、大会で使用したスパイクをプレゼントした。

 前田選手は同大会で全試合に先発出場。得点を挙げるだけでなく、体を張った献身的なプレーでもチームを鼓舞した。大会を「いい緊張感の中で、試合を楽しむことができた」と振り返った。

 ただ、自身のプレーには満足していないようで、「すべての面で力不足を感じた。また代表に呼んでもらえるようにリーグ戦で結果を残したい」と話した。

 川勝知事は「たくさんの感動と勇気をもらった。これからも子どもたちに夢を与えられるプレーを続けてほしい」と激励した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。