現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

抱えた優勝カップ「選手の匂いした」 アジア杯特別展示

2011年2月11日20時16分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】触れるアジアカップの優勝杯

写真:特別展示され、直接触れることができるアジアカップの優勝杯=11日、東京都文京区、遠藤啓生撮影特別展示され、直接触れることができるアジアカップの優勝杯=11日、東京都文京区、遠藤啓生撮影

 サッカー日本代表が持ち帰ったアジアカップの優勝杯に直接触れることができる特別展示が11日、東京都文京区の日本サッカーミュージアムで始まった。

 優勝杯は高さ約40センチで重さ8キロほど。地下2階の展示室には、250人以上のファンが列をつくった。杯を持ち上げるなどして、カタールでの熱戦を振り返っていた。

 千葉県市川市から家族6人で訪れた漆田大和くん(8)は「すごく重く感じた。選手の匂いがした気がした」と声を弾ませていた。特別展示は13日まで。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。