現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

岡崎の独移籍問題、FIFA裁定は16日以降に

2011年2月15日21時7分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 シュツットガルト(独)と契約した日本代表FW岡崎の選手登録が滞っている問題で、国際サッカー連盟(FIFA)の裁定が16日以降にずれ込む見通しになった。日本協会が15日、明らかにした。17日の欧州リーグの試合でのデビューは微妙となった。

 岡崎の移籍をめぐっては、清水がシュツットガルトの契約にFIFA規則違反があると指摘し、ドイツでの選手登録に必要な国際移籍証明書の発行に応じていない。ドイツ側が現状改善を申し立てており、FIFAは証明書がなくても登録できるか裁定を下す見込み。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。