現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 海外サッカー
  5. 記事

スペインから「連帯」カタカナのユニホーム バレンシア

2011年3月22日10時32分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:カタカナ表記のユニホームでプレーしたバレンシアの選手たち=ロイター拡大カタカナ表記のユニホームでプレーしたバレンシアの選手たち=ロイター

写真:カタカナ表記のユニホームを着て試合に臨んだバレンシアの選手たち=AP拡大カタカナ表記のユニホームを着て試合に臨んだバレンシアの選手たち=AP

 サッカーのスペインリーグのバレンシアは20日、東日本大震災の被災者との連帯の気持ちを表すため、日本語のカタカナで名前を書いたユニホームでセビリア戦をプレーした。クラブの公式ホームページによると、試合前には黙祷(もくとう)を捧げたという。バレンシアは2004年夏に来日し、J1新潟、鹿島と親善試合をおこなったことがある。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。