メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ラグビーワールドカップ2019基本ルール・ポジション解説

 ラグビーのルールは「分からない」「難しい」と良く聞きます。ここで紹介していないプレーや反則もありますが、まずはこの「基本」さえ理解すれば十分楽しんで試合を観戦することができます。

ルール解説(1)グラウンド・得点・プレーヤー

 ラグビーは1チーム15人、計30人(15人制)で楕円のボールを奪い合いながら、パス、キック、走るなどのプレーで相手インゴールを目指す(トライを取る)「陣取り合戦」のスポーツです。アメフットと違い、ボールを持ったプレーヤーにしか相手プレーヤーはタックルすることができません。

得点方法

トライ(T)5点

ボールを相手インゴールの地面につけることで5点が与えられます。

コンバージョンゴール(G)2点

トライ後に与えられるゴールキックです。トライした地点の延長線上から狙い、ゴールポストのクロスバーを通過すると2点が与えられます。

ペナルティーゴール(PG)3点

相手チームが重い反則を犯した際に得られるゴールキックです。ゴールポストのクロスバーを通過すると3点が与えられます。

ドロップゴール(DG)3点

プレー中にボールをワンバウンドさせて狙うゴールキックです。ゴールポストのクロスバーを通過すると3点が与えられます。

ポジション紹介

ラグビー布陣図

ポジション 背番号 説明
FW(フォワード) PR(プロップ) 1,3 スクラムを最前列で組み、体重が重く、がっしりとした体形の人が多いポジションです。相手と組み合うので強い首の筋力が必要不可欠です。
HO(フッカー) 2 スクラムの最前列で中央を担うポジションです。プロップ同様、がっしりとした体形の人が多く、スクラム時にはSHが投げ入れたボールを足でかき出す役目を担います。また、ラインアウト時のボールの投げ入れをすることが多いポジションです。
LO(ロック) 4,5 スクラム時、フロントローを後ろから押し込みます。長身が多く、ラインアウト時にジャンパーとなることが多いポジションです。
FL(フランカー) 6,7 スクラム時、後方左右から押し込みます。ボールに常に絡むようなプレーが求められるため、タックル能力、走力が必要となるポジションです。
No.8(ナンバー8) 8 スクラムの最後尾に位置し、FWをコントロールします。攻守の要となり、パワー、走力など高い能力が求められるポジションです。
BK(バックス) SH(スクラムハーフ) 9 スクラムにボールを投入し、FWとBKをつなぐプレーヤーです。俊敏さと巧みなボールさばき、判断力が求められ、小柄な選手が多いポジションです。
SO(スタンドオフ) 10 BKを統率するプレーヤーです。SHから受け取ったボールをパスしたり、キックしたり、自ら走ったり攻撃の起点となり、「司令塔」とよく呼ばれます。
WTB(ウィング) 11,14 BKの両端に位置し、トライゲッターとなるポジションです。足の速さ、瞬発力が求められます。
CTB(センター) 12,13 アタックでは、回って来たボールをWTBへ回したり、自ら相手に突っ込み突破口を開いたりします。ディフェンス時はタックルをする機会が多いのでパワー、タックル能力が求められます。
FB(フルバック) 15 チームの最後尾に位置し、敵の陣形を見ながらBKを後方より統率します。ディフェンス時には最後の砦となるのでディフェンス(タックル)能力、さらには陣地獲得のための正確なキック能力も求められます。

ルール解説(2)基本プレー

 ラグビーは後ろへのパス(手を使ったパス)、キックや突破などで相手インゴールを目指し前進していきます。その間に、ボールを持ったプレーヤーに対し相手プレーヤーはタックルをして前進を阻止しようとします。その際によく形成される団子状態のプレーが「モール」や「ラック」となります。また、激しい動きの中でボールを前にパスしたり(スローフォーワード)、ボールを前に落としたり(ノックオン)、タッチラインの外に出てしまったりすることがあります。その際にプレーは止められ、「スクラム」や「ラインアウト」といったセットプレー(ルール解説3の動画参照)からゲームが再開されます。プレー中に良く起こる反則は下記になります。

プレー中によく起こる反則

オフサイド

ボールより前にいるプレーヤーがプレーに参加した際の反則。相手チームにペナルティーキックが与えられます。

オブストラクション

ボールを持っていない相手プレーヤーの動きを妨げたり、タックルをしようとしているプレーヤーの動きを妨げたりした場合の反則。相手チームにペナルティーキックが与えられます。

オーバーザトップ

ラックなどで相手側に倒れ込んでボールが出るのを妨げる反則。相手チームにペナルティーキックが与えられます。

タックルでの反則

ノットリリースザボール

タックルを受けて倒されたプレーヤーがボールを手放さなかった時の反則。相手チームにペナルティーキックが与えられます。

ノットロールアウェー

タックルをして倒れたプレーヤーがその場から速やかに離れなかった場合の反則。相手チームにペナルティーキックが与えられます。

危険なタックル

ハイタックル、ボールを持つ前のタックル(アーリータックル)、ボールを手放した後のタックル(レイトタックル)、相手の首に腕を引っかけるタックル(スティフアームタックル)は禁止され、重い反則となります。

ペナルティー

シンビン

不正なプレーや危険なプレー等で反則を犯した(繰り返した)プレーヤーに対し、一時的に10 分間退場させることをいいます。

ルール解説(3)セットプレー(スクラム・ラインアウト)

 セットプレーとは、「スクラム」「ラインアウト」「キックオフ(ルール解説1の動画参照)」のことをいいます。プレーが止まったところから試合を再開させるプレーになります。セットプレーで良く起こる反則は下記になります。

セットプレーでよく起こる反則

コラプシング

故意にスクラムを崩す反則(モール・ラックも同様)。相手チームにペナルティーキックが与えられます。

ノットストレート

ラインアウトでボールを投げ入れるプレーヤーが両チームの間にまっすぐ投げ入れなかった場合の反則。相手ボールのスクラムやラインアウトとなります。

ラグビーワールドカップ 動画ニュース

  • ご使用のブラウザや回線など、利用環境により再生できない場合があります。

予選プール 組み合わせ

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

PR注目情報

朝日新聞スポーツ部ラグビー担当Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】“ぬりもの”で食卓を格上げ

    素材の魅力を引き出す器

  • 写真

    【&TRAVEL】“リフレクション紅葉”って?

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】森達也、思考停止記者に警鐘

    「社会もメディアも覚醒を」

  • 写真

    【&w】母から受け継いだ装い

    装いの物語り

  • 写真

    好書好日社会常識にハマれなかった俺

    ラッパー推薦「日常賛歌」の本

  • 写真

    論座ネットニュースのキャスター

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン老舗が作る本格派ダウン

    ピレネックスの逸品

  • 写真

    T JAPAN巨匠デザイナーの邸宅

    オズヴァルド・ボルサーニ

  • 写真

    GLOBE+リブラは「世界最悪の通貨」

    『貨幣論』著者が説く

  • 写真

    sippo警察犬「いっちゃん」お手柄

    行方不明の高齢者発見

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ