asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  スポーツ記事一覧  アテネ五輪  野球  大リーグ  サッカー  ゴルフ  モーター  一般  コラム     ニュース特集   
     
 home >スポーツ >サッカー日本代表  
サッカー日本代表
 
ロスタイム、決めたのは国内組のエース久保 オマーン戦

後半終了間際、シュートを決めた久保
後半終了間際、シュートを決めた久保

 18日に開幕した06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア地区1次予選で、日本は3組で最大のライバルのオマーンに1―0で辛勝した。

 後半ロスタイム。最後の最後で決めたのは「欧州組」ではなく、「国内組」のエース久保だった。ゴール前で中村からこぼれた球に反応。得意の左足から放った低い弾道のシュートは、ゴール右隅に決まり、劇的な決勝ゴールとなった。

 後半初めてのシュートも、柳沢と交代したばかりの久保だった。中村からのクロスに、オマーンのDFより頭2つほど高い打点のヘディングであわせた。ゴールはそれたものの、昨年12月の東アジア選手権以来、日本代表5試合すべてに先発出場してきた意地をみせた。

(04/02/18)




 日本代表   一覧へ






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission