asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  スポーツ記事一覧  アテネ五輪  野球  大リーグ  サッカー  ゴルフ  モーター  一般  コラム     ニュース特集   
     
 home >スポーツ >サッカー日本代表  
サッカー日本代表
 
高原、復活へ手応え ゴール重ね復調アピール

鈴木(左端)らと連係して攻め込む高原(右端)
鈴木(左端)らと連係して攻め込む高原(右端)

 高原が戻ってきた。3月31日のシンガポール戦以来、代表の試合から遠ざかっているストライカーが、完全復活をかけてインド戦に挑む。

 5月下旬の代表の英国遠征中に肺動脈血栓塞栓(そくせん)症を再発。オーバーエージ枠で参加予定だったアテネ五輪を見送った。02年W杯も同じ病気で出場できず、悔しい思いを繰り返してきただけに、06年W杯にかける思いは強い。

 合宿中の練習試合では、ゴールを重ねて復調をアピール。「点を取ると(ゴールを奪う)イメージが良くなる」と手応えは感じている。

 代表を離れている間に、FW陣は久保と玉田(柏)が急成長した。ジーコ体制後の日本代表では久保が11試合で8得点、玉田が15試合で4得点。12試合で3得点の高原の存在は絶対的ではない。求められるのはゴールという結果だろう。

 インド戦では鈴木とツートップを組むことが濃厚だ。鈴木とのコンビで先発するのは03年3月以来。ジーコ監督は「高原は誰と組んでも合わせられる」と期待を寄せる。

 「自分のプレーをするだけ」。約5カ月ぶりの代表戦に向け、静かに闘志を燃やしている。 (04/09/07)




 日本代表   一覧へ






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission