asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  スポーツ記事一覧  アテネ五輪  野球  大リーグ  サッカー  ゴルフ  モーター  一般  コラム     ニュース特集   
     
 home >スポーツ >サッカー日本代表  
サッカー日本代表
 
《オーレ》流れ引き寄せた三都主の突破 インド戦

 サッカーの06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア1次予選のインド戦は、重苦しい前半だった。5バック気味に引いて守る相手に打開策がない。サイドから崩せず、中途半端に真ん中へ放り込んだ球は、守りの人数で勝る相手に跳ね返される。

 そんな44分過ぎ。左サイドの三都主が局面を切り開いた。ドリブル突破してDFを置き去り。強烈なシュートを、キーパーが前にこぼす。反応が速かったのは鈴木だ。伸ばした左足でゴールネットに突き刺した。

 「最初の15分は飛ばして点を取ろうとしたが、20分過ぎから焦りが出てしまった。1点取るのに時間がかかった」と三都主。前線からプレスをかけて相手の球を奪い、先に点を取って戦意を喪失させるというのが日本のプラン。それが崩れかけたところを、三都主の一撃が救った。

 三都主はこの試合に向けた合宿当初は、両ひざに痛みを抱えて別メニューだったが、合宿最後の練習試合に間に合わせ、先発の座をつかんだ。ジーコ監督は「三都主がつっかけた時の威力は大きい」と期待を寄せていたが、指揮官の思いにこたえた。

 後半には小野がFKを決めるなどしてリードを広げ、日本のリズムで危なげなく試合を終えた。

 ハーフタイム中の停電で後半の開始が約30分遅れるなど、日本では考えられないトラブルが起こるアウエーで、勝ち点3を取ったことには意味がある。「決戦」の場となる次のオマーン戦へ向け、代表が一回りたくましくなった。 (04/09/09)




 日本代表   一覧へ






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission