現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. トヨタ・クラブワールドカップ2008
  4. 記事

トヨタ・クラブワールドカップ出場の7チーム

2008年12月4日21時4分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

■アルアハリ(エジプト)
 1907年に創設された歴史のあるクラブで、アフリカ・チャンピオンズリーグを6度制覇。20世紀最高のアフリカのクラブとされる。クラブ名は「国民」の意味で、本拠はカイロ。3度目の出場で、前回の2006年は3位。

■パチューカ(メキシコ)
 1901年創設の古いクラブだが、力をつけてきたのは近年。北中米カリブ海・チャンピオンズリーグを最初に制したのが2002年で、その後さらに2度優勝した。05年に日本人FWの福田健二が在籍したことがある。

■リガ・デ・キト(エクアドル)
 1930年、学生と教師たちによって創設された。国内リーグを9度制するなど、エクアドル屈指の強豪クラブ。2006年ドイツW杯にも、代表を送り出した。南米王者を決めるリベルタドーレス杯は08年が初制覇。

■アデレード(オーストラリア)
 2003年創設の若いクラブだがアジア・チャンピオンズリーグに07、08年と連続出場し、08年は準優勝。大型の選手を擁し、速攻堅守が持ち味。1990年代の名選手だったブラジル人FWロマーリオが在籍したこともある。

■ワイタケレ(ニュージーランド)
 2004年、西オークランド地区の12チームが集まってできた。オセアニア・チャンピオンズリーグを2連覇し、クラブW杯に2年連続出場。昨年はセパハン(イラン)に1回戦で敗れた。昨年同様ミリシッチ監督が指揮を執る。

■ガンバ大阪(日本)
 前身は1980年創部の松下電器で、チーム名はイタリア語で「脚」の意味。Jリーグ初期は低迷していたが、2002年に西野監督が就任してから強豪へと変身。07年にナビスコ杯、08年にアジア・チャンピオンズリーグを制覇。

■マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
 国内リーグ優勝17度、欧州チャンピオンズリーグ優勝3度の強豪。名将ファーガソン監督のもと、ロナルド、ルーニーら、世界的な選手が顔をそろえる。1878年に鉄道員によって創立されたクラブが前身。愛称は「赤い悪魔」。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内