asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  野球  サッカー  スポーツ一般  コラム  記事一覧     ニュース特集   
     
 home >スポーツ > 一般スポーツ   
 
市民の部 305人が汗を流す 1位、世田谷の大井さん

 秋空の下、21日の東京国際女子マラソンでは、417人の女子ランナーがさわやかな汗を流した。このうち市民の部では305人が思い思いのレースを繰り広げた。

 市民の部の1位は、世田谷区のフリーライター大井貴子さん(40)。自己ベストの3時間11分28秒を大幅に上回る2時間54分59秒を記録した。「あっという間。楽しんでいるうちにゴールしました」と笑った。

 4年前にソムリエの資格を取った。その頃、友達に勧められて、走り始めた。「飲んだら走れ」をモットーに練習を積んできたという。

 視覚障害がある北区の主婦、金野由美子さん(42)も、伴走の松浦幸雄さん(45)と肩を並べて3時間28分53秒で走り終えた。2人が現れると競技場は拍手に包まれた。

 金野さんは33キロ地点付近で右足を痛めたが、「とにかく、最後までいこう」と、松浦さんに励まされて完走。金野さんは「沿道の励ましや、観客席の拍手を聞いたら『絶対、止まれない』と思いました」と涙をみせた。

(11/22 14:14)









| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission