現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 一般スポーツ
  4. 広州アジア大会
  5. 記事

高知大・実藤選手、「金」の凱旋 アジア大会サッカー

2010年11月28日0時37分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:金メダルをかけて笑顔を浮かべる高知大サッカー部の実藤友紀選手(右)と野地照樹監督=高知市曙町2丁目の同大朝倉キャンパス拡大金メダルをかけて笑顔を浮かべる高知大サッカー部の実藤友紀選手(右)と野地照樹監督=高知市曙町2丁目の同大朝倉キャンパス

 サッカー男子の21歳以下日本代表で、アジア大会(中国・広州)で優勝した高知大サッカー部のDF実藤友紀(さねとう・ゆうき)選手(21)=教育学部4年=が27日、金メダルを手に高知に凱旋(がいせん)した。25日のアラブ首長国連邦(UAE)との決勝で決勝点を挙げ、サッカー男子の同大会初優勝に貢献。「2012年のロンドン五輪を目指す」と決意を語った。

 26日に帰国した実藤選手はこの日午前、高知龍馬空港に到着。同大サッカー部員約40人が出迎えた。その後、高知大朝倉キャンパスで野地照樹監督(60)らに金メダル獲得を報告。「試合を重ねるごとに自信がつき、最後はゴールになった。何かを持っているのかな」と笑った。

 来季からJリーグ1部(J1)の川崎フロンターレに入団する。実藤選手は「ロンドン五輪の代表に生き残り、最終的にワールドカップで活躍したい。そのためにもプロ1年目からレギュラーになりたい」とさらに上の舞台を見据えていた。(伊藤雅哉)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……