メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

IS人質事件

関連キーワード

  • イスラム国(2015年01月25日 朝刊)

    反欧米を掲げる過激派組織。アルカイダ系など、イラク国内の過激派組織が2006年に合流し、名称を変えながら活動を続けてきた。昨年6月、イラク第2の都市モスルを占領、周辺都市を執と陥落させ、「国家」をつくったと一方的に宣言。シリア北部のラッカを「首都」と主張する。支配地域では国家のような統治機構を築き、「県庁」にあたる行政機関や、住民を監視する宗教警察ももつ。外国人戦闘員の多くは中東や北アフリカ、欧州から集まっており、米政府は80カ国以上から1万5千人が加わっているとみる。「イスラム国」の狙いは、聖典コーランやムハンマドの教えを厳格に守る社会の実現だ。だが少数派ヤジディ教徒の女性を奴隷にするなど、極端なことを強いる。第1次世界大戦中に英仏ロが秘密裏に結んだ協定に基づいて引かれた中東の国境線をなくすことも目指している。将来的には中部以北のアフリカ大陸、中央アジア、イベリア半島まで勢力を広げようとしている。ナイジェリアのボコ・ハラムなど、「イスラム国」との連帯を表明する組織もある一方、イエメンに拠点を置く過激派組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」など、アルカイダ系組織は拒否反応を示している。

最新ニュース

写真・図版

安保理がシリア情勢「深く懸念」 トルコを非難はできず(2019/10/17)有料記事

 トルコ軍が少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)に越境攻撃を続けるシリア北東部情勢をめぐり、国連児童基金(ユニセフ、本部・ニューヨーク)は同地域で子ども4人が犠牲になり、7万人の子どもが…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ