メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

【まとめて読む】患者を生きる

患者を生きる【まとめ読み】

「患者を生きる」は、2006年春から朝日新聞生活面で連載している好評企画です。病気の患者さんやご家族の思いを描き、共感を集めてきました。テーマごとの連載5回を1本の記事にまとめました。


写真・図版

釣った魚で食中毒、長引く手足ピリピリ 原因は魚の毒?有料記事 (2019/4/20)

■【まとめて読む】患者を生きる・食べる「シガテラ」 磯からの大物釣りが趣味の福井県に住む渡邉邦鋭(わたなべくにえい)さん(56)は、仲間が釣ったイシガキダイを刺し身や鍋にして食べました。楽しい宴が一転、冷たい物に触れると顔や指先がビリビリと…[続きを読む]

ピックアップ

【アピタル+】治療やケアもっと詳しく

写真・図版

魚のシガテラ食中毒、冷たい物にふれるとピリピリ痛む (2019/4/21)

■【アピタル+】患者を生きる・食べる「シガテラ」 魚の毒といえば、フグを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、世界で毎年数万人規模もの人が苦しむと言われる食中毒があります。「シガテラ」。主に熱帯や亜熱帯の魚で起こる食中毒でしたが、温暖化の影…[続きを読む]

「妊娠・出産」編

「食べる」編

写真・図版

意識障害でも「おいしく食べたい」 こだわり続ける日々(2019/4/13)有料記事

■【まとめて読む】患者を生きる・食べる「意識障害」 京都府に住む女性(44)はマラソン大会の出場中に突然、倒れました。心停止の状態で病院に運ばれ何とか一命を取り留めたものの、重度の意識障害が残りました…[続きを読む]

「スポーツ」編

写真・図版

繰り返す肩の脱臼との闘い 勝ち取ったボルダリングW杯(2018/10/14)

■【まとめて読む】患者を生きる・スポーツ「肩の脱臼」 ボルダリング選手の杉本怜(すぎもとれい)さん(26)は、競技中のけがが原因で2014年に左肩を脱臼。繰り返される症状を克服するため、世界トップレベ…[続きを読む]

「移植」編

写真・図版

【まとめて読む】彼を再び教室へ ある中学校の挑戦(2017/10/22)

 体育の授業中、突然の心臓発作で倒れた中学の男子生徒。居合わせた教員の救命措置と懸命の治療で生命はつながりますが、心臓移植が必要となり、生徒の胸には補助人工心臓が埋め込まれました。「生徒をまた学校に」…[続きを読む]

「我が家で」編

写真・図版

【まとめて読む】小児がん、歩夢くんと家族の軌跡(2017/8/13)

 小児がんの原田歩夢(はらだあゆむ)くんは2015年9月、自宅で母の瑞江(みずえ)さん(28)の腕の中で息を引き取った。当時、4歳だった。2年半の闘病生活は、専門治療ができる東京の病院と自宅がある埼玉…[続きを読む]

「依存症」編

写真・図版

【まとめて読む】高校の同級生、2人で禁煙に挑戦(2017/3/26)

 沖縄県に住む平仲佳子さん(46)と同級生の高江洲孝代さん(46)は2015年、20年以上吸ってきたたばこを一緒にやめることにしました。診療所の禁煙外来を受診し、飲み薬の助けを借りながら約5カ月間禁煙…[続きを読む]

「感染症」編

写真・図版

【まとめて読む】誕生日祝う「焼き肉」、暗転(2017/1/29)

 富山県小矢部市の自営業、久保秀智さん(54)は2011年4月、次男大貴さんの14歳の誕生日を祝うため、家族4人で焼き肉店を訪れました。そこで食べたユッケが原因で、久保さん、高校生だった長男(22)、…[続きを読む]

「仲間と歩む」編

写真・図版

【まとめて読む】米国で患者活動を学び 日本でいかす(2016/10/2)

 37歳のときに乳がんの手術を受けた東京都の桜井なおみさん(49)は、2年半後に勤めていた設計事務所を退職しました。生きがいだった仕事を辞めた経験から、がん患者の就労・雇用の実態を調査し、患者が社員と…[続きを読む]

「ある日突然」編

写真・図版

脳脊髄液減少症(記者の一言)理解浸透は道半ば(2016/7/30)

脳の中の硬膜の髄液が漏れ出してしまう「脳脊髄液減少症」。連載「患者を生きる ある日突然編」で、今週担当した記者が、テーマを選んだ理由と、患者さんへの取材を通して考えたことをつづりました。      …[続きを読む]

「がん」編

写真・図版

遺伝性がん、子どもへ変異受け継ぐか 不安の日々(2018/2/4)有料会員限定記事

■【まとめて読む】患者を生きる・遺伝性がん 大阪市の野口麻衣子さん(35)は生後間もなく網膜芽細胞腫になり、右目を失いました。大人になり結婚し、子どもに遺伝子の変異を引き継ぐ可能性がある遺伝性がんだと…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ