メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

あおり運転

【動画】高速道路でのあおり運転をヘリから監視

 高速道路などで車間距離を詰めたり、無理な追い越しをしたりする「あおり運転」について、福岡県警が、ヘリコプターによる監視を始めた。大きな特徴は、上空から違法行為を認定する点。全国的にも珍しく、検挙につながると期待されている。【記事本文】

関連キーワード

  • あおり運転(2019年05月23日 朝刊)

    警察庁は、前の車両への激しい接近▽不必要な急ブレーキ▽後ろの車両に急ハンドルなどを強いる進路変更▽ほかの車両の妨害目的のハイビームの継続▽しつこいクラクション▽車体を極端に接近させる幅寄せ——などを挙げている。

  • 東名高速あおり運転死亡事故をめぐる名誉毀損事件(2018年10月06日 朝刊)

    神奈川県の東名高速で昨年6月、あおり運転を受けて停止したワゴン車が大型トラックに追突され、ワゴン車の夫婦が死亡した。あおり運転をした男が逮捕されると、無関係の石橋建設工業に関するデマがネット上で拡散。同社が男の「勤務先」、石橋秀文社長が「容疑者の父」とされた。福岡県警は6月、会社の場所を示すURLを投稿するなどしたとして、男11人を名誉毀損容疑で書類送検したが、8月末に全員不起訴となった。

  • 東名あおり運転事故(2019年12月06日 夕刊)

    一審判決によると、神奈川県大井町の東名高速で2017年6月5日夜、パーキングエリアでの駐車方法を注意され、腹を立てた石橋和歩被告があおり運転の末、萩山嘉久さん(当時45)、友香さん(同39)夫妻ら一家4人が乗ったワゴン車を追い越し車線上で停車させた。石橋被告が嘉久さんに暴行していたところに大型トラックが追突して夫妻が死亡、娘2人がけがをした。

PR情報

最新ニュース

写真・図版

栃木)あおり運転厳罰化、県警が啓発活動(2020/7/4)会員記事

 車のあおり運転に対し、「妨害運転」として刑事罰を科すことができる改正道路交通法が、6月30日に施行された。県警によると3日目の今月2日現在、妨害運転の検挙事例はなく、引き続き啓発に取り組むという。 …[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ