メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

三重県いなべ市

最新ニュース

写真・図版

三重)ニラの畑にそっくりスイセン…3人が食中毒(2019/4/3)

 三重県は1日、スイセンの葉をニラと間違えて肉と炒め物にして食べた家族3人が食中毒になったと発表した。二つの外見はよく似ており、県は混同しないよう注意を呼びかけている。 食品安全課によると、3人は同県…[続きを読む]

関連キーワード

  • 市町村介護予防強化推進事業(2012年11月26日 朝刊)

    要支援から要介護2までの比較的軽度の高齢者が対象。モデル事業は東京都世田谷区や荒川区、三重県いなべ市、岡山市など全国13市区町村が取り組んでいる。生駒市は、予防サービス(通所・訪問の組み合わせ)、生活支援サービス(買い物や掃除など)、転倒予防教室、食事会(ひまわりの集い)などを2年間実施し、その結果を踏まえ2014年度からの介護保険事業計画に盛り込むことを検討する。

  • 県内のロンドン五輪・パラリンピック出場選手(2012年12月23日 朝刊)

    ロンドン五輪出場は、男子テニスシングルスの伊藤竜馬選手=いなべ市=、男子サッカーの山口蛍選手=名張市=、女子バレーの山口舞選手=志摩市=、レスリング女子55キロ級の吉田沙保里選手=津市=の4人。パラリンピックに出場した伊藤智也選手=鈴鹿市=は陸上男子800メートル(車いす2)などで銀メダル3個を獲得。男子テニスの斎田悟司選手=四日市市=はダブルスで8強入りした。

  • 北勢線(2016年01月17日 朝刊)

    資金面などで簡易軽便な鉄道を育てる国策に沿い1914(大正3)年、北勢軽便鉄道として開通。31(昭和6)年に阿下喜まで開通。現在は全13駅20・4キロ。運営は、三重交通、近鉄を経て、03年から三岐鉄道。沿線の桑名市、東員町、いなべ市は最初の10年間で計55億円、今年度までの3年間に6億円余を追加支援した。軽便鉄道博物館は毎月第1、3日曜(1月は第2、3)に開館。無料。問い合わせは安藤建材店(0594・72・2478)の安藤さんへ。

いなべ市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】屋久島でイシガキダイを釣る

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】絲山秋子の新作を追う理由

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日外はカリカリ、中はふわっ

    かもめ食堂のシナモンロール

  • 写真

    論座津田梅子の苦闘と見果てぬ夢

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン⑪

    こだわりの和食でじっくり接待

  • 写真

    T JAPANNYで話題のデザイナーズ壁紙

    色と柄の摩訶不思議な世界へ

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ