メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

うめきた

注目ニュース

建設中の「うめきた新駅」をJR西日本が公開(2018/5/17)

 JR西日本は大阪駅北側にある「うめきた」の2期開発地区で、2023年春の開業を目指す新駅の工事現場を報道向けに公開した。新駅ができれば関西空港へ行き来する特急が便利に使えるほか、31年春に開業予定の「なにわ筋線」の駅としても使われる見込みだ。…[続きを読む]

  • 大阪駅の発車音は?

     JR大阪駅の大阪環状線ホームの発車メロディーが2014年5月から、やしきたかじんさんの代表曲「やっぱ好きやねん」に切り替わった。記念式典に参加した落語家の桂ざこばさんは「メロディーを聴いて『やっぱ大阪好きやってんな』と、皆さんが思い出してくれたら」とあいさつした。1日約500回流れるという。

PR情報

関連キーワード

  • うめきた(2014年04月24日 朝刊)

    大阪駅北側の再開発地区。貨物駅の跡地で、阪神甲子園球場6個分の約24ヘクタールの広さがある。このうち7ヘクタールが昨年4月に「グランフロント大阪」として先に開業。残る「2期」も一体的に開発する計画で、来年度以降に事業者を決める。

  • うめきた2期区域(2016年11月02日 夕刊)

    JR大阪駅北側の旧梅田貨物駅の跡地で、約16ヘクタールが再開発対象。大阪府・市、経済界などの検討部会で利用方針を決めた。国と府市が約202億円をかけて都市再生機構(UR)から敷地中央部の約4・5ヘクタールを購入し、都市公園を整備。敷地南側の地下にはJRの新駅(仮称・北梅田駅)が計画されている。2022年度ごろから街開きをしていく。

  • 大阪・梅田の再開発(2011年02月19日 夕刊)

    JR西日本が大阪駅北側に建てる「ノースゲートビルディング」は今年5月に全面開業し、JR大阪三越伊勢丹が出店。南側で増築中の「サウスゲートビルディング」では大丸梅田店が4月に全面開業する。12年春には、建て替えが進む阪急百貨店うめだ本店が全面開業するほか、13年春には高層ビル4棟が計画されている梅田・北ヤード(うめきた)の先行開発区域(7ヘクタール)が街開きを予定している。

最新ニュース

写真・図版

「ピーナッツ」大好き! 読者とスヌーピーミュージアム展へ 女子組スペシャル(2019/5/1)

 スヌーピーと仲間たちに会いたい! 大阪・梅田で開かれている「スヌーピーミュージアム展」に、「女子組」の読者3人が足を運びました。スヌーピーが大好きというフィギュアスケーターの坂本花織さん(19)がゲ…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ