メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

がんの転移

最新ニュース

血液検査で診断した肺がん遺伝子異常に対する薬剤の有効性を世界で初めて実証 血液検査で診断することで患者の負担を軽減 [学校法人近畿大学](2018/7/19)

リリース日:2018年07月19日リリース発行企業:学校法人近畿大学近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)助教 髙濱隆幸、教授 中川和彦、教授 西尾和人らは、臨床研究グループ(西日本…[続きを読む]

写真

  • 舞台あいさつ後、盲導犬普及活動をするアイメイト協会の職員と握手する四分一勝さん。コンサートには毎回、視覚障害者を招待している=2018年6月9日、東京都千代田区紀尾井町の紀尾井ホール、東野真和撮影
  • 朝日新聞デジタルのアンケート
  • 「乳がんサバイバー」の矢方美紀さん=吉本美奈子撮影
  • 小林麻央さんが昨年2月13日、ブログ「KOKORO.」に投稿した写真。「さだまさしさんから明日素敵(す・てき)なバレンタインデーに、と美しい薔薇(ば・ら)を頂きました」とつづった
  • 再発した乳がんの治療をしながらダウン症児を育てる女性。休職中だ。「事実を伝えたい。それが、いまの自分が社会の中でできること」と話す=東京都品川区
  • 主な制度/相談や情報収集
  • 熊本走ろう会のメンバー約50人と一緒に、熊本城の二の丸広場を走る中園末夫さん(中央)=2018年3月31日、熊本市中央区二の丸、杉山歩撮影
  • 村川邦次郎さんの遺影の隣には、藤井聡太七段が書いた色紙が飾られている=2018年6月13日午後、山形県村山市
  • 京都大学大学院教授(緩和ケア・老年看護学)田村恵子さん
  • 田村恵子・京都大学大学院教授
  • 謝罪する静岡県立静岡がんセンターの高橋満病院長(中央)ら=2018年6月14日午後1時52分、県庁
  • 謝罪する静岡県立静岡がんセンターの高橋満病院長(中央)ら=2018年6月14日午後1時52分、県庁
  • 近赤外光を使った、がん治療のイメージ
  • 県議会が開会し冒頭発言をする翁長雄志知事=2018年6月12日午前10時6分、沖縄県議会、山下龍一撮影
  • 京都大学大学院教授(緩和ケア・老年看護学)田村恵子さん
  • 樹木希林さん=東京都中央区築地、村上健撮影
  • 田村恵子・京都大学大学院教授
  • 外来診療中の紅谷浩之さん(右)。病気や治療以外の患者の話にも積極的に耳を傾ける=福井市
  • 膵臓がんの撲滅と患者・家族支援のシンボル、パープルリボンのバッジを指す看護師の島袋百代さん(右)と外科医の豊見山健さん=5月31日、那覇市・沖縄赤十字病院
  • 「博多鋏」職人の高柳晴一さん=2018年2月22日午前10時55分、福岡市博多区、日吉健吾撮影
  • サバイバー生存率についての一般向け情報サイトの準備を進める伊藤ゆりさん(左)ら=大阪府高槻市の大阪医科大
  • 膵臓の構造
  • プロが撮影した藤原英理花さん=本人提供
  • プロが撮影した藤原英理花さん(藤原さん提供)
  • NPO法人「横浜こどもホスピスプロジェクト」代表理事の田川尚登さん=2月、横浜市中区、仙波理撮影
  • 病状を説明する翁長雄志知事=15日午後1時30分、沖縄県庁、山下龍一撮影
  • 退院後に会見し、自らの病状を説明する翁長雄志知事=2018年5月15日午後1時30分、沖縄県庁、山下龍一撮影
  • 大会で滑走する渡部亮さん=渡部さん提供
  • 退院して県庁に登庁した翁長雄志知事=2018年5月15日午前10時55分、那覇市、伊東聖撮影
  • 大会で滑走する渡部亮さん=渡部さん提供
  • 練習する、佐藤圭太さん=1月、愛知県豊田市の中京大豊田キャンパス
  • 浜松医大に入院していたころの佐藤さん=本人提供
  • 事務所もなく、マネジャーも置かない。「自分でギャラの交渉をするのが楽しみなの」=東京都中央区築地、村上健撮影
  • 浜松医大に入院していたころの佐藤さん=本人提供
  • 山下弘子さんは「余命半年」の宣告を受けてから約5年後の昨年6月に前田朋己さんと結婚式を挙げた=前田さん提供
  • 山下弘子さんは「余命半年」の宣告を受けてから約5年後の昨年6月に前田朋己さんと結婚式を挙げた
  • 山下弘子さんは「余命半年」の宣告から約5年後の昨年6月、大阪市内で前田朋己さんと結婚式を挙げた(前田さん提供)
  • 新規項目や改訂を検討する編集会議の様子=小学館提供
  • 「遺伝性がん」編で登場した野口麻衣子さんと七誠くん=2017年11月、大阪市
  • 「遺伝性がん」編で登場した野口麻衣子さんと七誠くん=2017年11月、大阪市
  • 橋浦繁美さん
  • 亡くなる約1カ月前の6月5日、パリから戻った妹(右)が羽田空港から直行した。ソプラノ歌手として欧州を演奏して巡るため、父に自分の携帯を渡し、旅先からも毎日電話をかけてきた
  • 被爆して50年が過ぎてから放射線の恐ろしさを実感したという堀江壮さん=広島市佐伯区
  • 乳がんの手術を経て仕事に復帰した元SKE48の矢方美紀さん=2018年4月16日午後、名古屋市中区、吉本美奈子撮影
  • 乳がんの手術を経て仕事に復帰した元SKE48の矢方美紀さん=2018年4月16日午後、名古屋市中区、吉本美奈子撮影
  • 膵臓(すいぞう)に腫瘍(しゅよう)が見つかったと報告する翁長雄志知事=2018年4月10日午後4時59分、沖縄県浦添市、山下龍一撮影
  • がんの再々発について話す古村比呂さん=東京都中央区、池永牧子撮影
  • がんの再々発について話す古村比呂さん=東京都中央区、池永牧子撮影
  • がんの再々発について話す古村比呂さん=東京都中央区、池永牧子撮影
  • 山下弘子さん
  • 山下弘子さん
  • コンサートで歌う白石敬子さん=2015年10月、神奈川県藤沢市、山本和生撮影
  • コンサートで歌う白石敬子さん=2015年10月、藤沢市、山本和生撮影
  • LINEを利用した専用アプリで、痛みの有無や程度、日常生活への影響を定期的に報告してもらう
  •   
  • 学位記を手に孫の宮入萌さん(手前右)と談笑する三高枝子さん(同左)=尾張旭市新居町の名古屋産業大学
  • 学位記を手に孫の宮入萌さん(手前右)と談笑する三高枝子さん(同左)=尾張旭市新居町の名古屋産業大学
  •   
  • 著書「がんと生きる」を手にする高橋賢司さん=札幌市中央区
  • 著書「がんと生きる」を手にする高橋賢司さん=札幌市中央区
  • 学生らに献血を呼びかける天満さん(右)=山口県周南市学園台
  • 田宮栄一さん
  • 田宮栄一さん
  • 東京都大田区の実相寺で開かれた朗読会に参加した絵門ゆう子さん=2003年10月
  • 「がんとの共生社会を目指して」と題し、就労をテーマにパネルディスカッションがあった=4日、東京都千代田区
  • イラスト・シマダユミコ
  • 手嶋真二さん。後方に広がるのは自ら造り上げた約2千坪の庭「手嶋ガーデン」=2017年6月、下関市菊川町
  •  〈桜井なおみさん〉2004年、乳がんで手術。05年に復職したが、06年に退職。職業訓練校に通ったのち、パート勤務を経て、正規雇用として再就職の経験を持つ。現在は、キャンサー・ソリューションズ株式会社社長、一般社団法人CSRプロジェクト代表理事。国のがん対策推進協議会の元委員。「がん経験者のための就活ブック――サバイバーズ・ハローワーク」を出版。
  • 若いがん経験者と対談し、本音をネットの生放送で伝えている岸田徹さん=池田良撮影
  • 看護師になった土井めぐみさん(右)と、土井さんが入院していたときに看護してくれた朝長静江さん。いまは同じ病院で働いている=2日、長崎市の長崎大学病院、池田良撮影
  • がんの再々発を公表した俳優の古村比呂さん=4日午前、東京都千代田区、池田良撮影
  • 井上文子さんは自分の経験を生かそうと、子育て中のがん患者の語り場「がんママカフェ」を始めた。天凱くん(中央)と夫の修一さん(右)も支える=今年1月、東京都町田市
  • 肺がんの治療を受けて病状が良くなり、建設現場で働く佐々木生一さん=埼玉県久喜市
  • 1軍復帰に向け、調整を続けるプロ野球・広島カープの赤松真人選手=2018年1月15日午後、広島県廿日市市、上田幸一撮影
  • 野口麻衣子さんと次男七誠くん=2017年11月、大阪市内
  • 看護師になった土井めぐみさん(右)と、土井さんが入院していたときに看護してくれた朝長静江さん。いまは同じ病院で働いている=2日、長崎市の長崎大学病院、池田良撮影
  • あなたや家族が、がんになったとき<グラフィック・西森万希子>
  • 看護師になった土井めぐみさん(右)と、土井さんが入院していたときに看護してくれた朝長静江さん。いまは同じ病院で働いている=2日、長崎市の長崎大学病院、池田良撮影
  • 手術から3カ月後、文子さんは化学療法を続けながら、家族で富士急ハイランドに。天凱くんも一緒=2010年10月、山梨県、井上さん提供
  • 肺がんの治療を受けて病状が良くなり、今は建設現場で働く佐々木生一さん=埼玉県久喜市
  • お遍路を始めた頃の垣添忠生さん=2015年、本人提供
  • 井上文子さんは自分の経験を生かそうと、子育て中のがん患者の語り場「がんママカフェ」を始めた。天凱くん(中央)と夫の修一さん(右)も支える=今年1月、東京都町田市
  • がんサバイバー支援を訴え全国ウォークに出発する日本対がん協会会長の垣添忠生さん=山本和生撮影
  • 2007年7月の参院選後、酸素ボンベを携えて登院した山本孝史さん。「また仕事ができる。うれしい」と語っていた=国会、鬼室黎撮影
  • 体調を説明する溝口知事。抗がん剤の副作用で頭髪が抜けたとして帽子をかぶっている=松江市殿町
  • 野口さん一家。麻衣子さんは集平さんの明るさに助けられているという=2017年4月、JR東京駅、野口さん提供
  • 野口さん一家。麻衣子さんは集平さんの明るさに助けられているという=2017年4月、JR東京駅、野口さん提供
  • 若いがん経験者と対談し、本音をネットの生放送で伝えている岸田徹さん=池田良撮影
  • 若いがん経験者と対談し、本音をネットの生放送で伝えている岸田徹さん=池田良撮影
  • 内覧会で「サイバーナイフ」の仕組みなどを説明する宇都宮セントラルクリニックの佐藤俊彦代表=宇都宮市屋板町
  • 会見で説明する根本建二病院長(中央)=山形大病院
  • 緑川早苗・県立医大准教授
  • 緑川早苗・県立医大准教授
  • 中皮腫サポートキャラバン隊の活動を説明する栗田英司さん(左)と右田孝雄さん=県庁
  • 中皮腫サポートキャラバン隊の活動を説明する栗田英司さん(左)と右田孝雄さん=県庁
  • 1軍復帰に向け、調整を続けるプロ野球・広島カープの赤松真人選手=2018年1月15日午後、広島県廿日市市、上田幸一撮影
  • 内科の大部屋から緩和ケア病棟の個室に移って間もないころの父。ここの病院での入院期間が1カ月に近づいたころから、個室に入りたいと言い出していた。取材の移動中に立ち寄った私に「テレビが見放題になったのが本当にうれしい。ありがとう、ありがとう」と満面の笑みを見せた=東京都品川区
  • AIによる診断支援のイメージ
  • 自らの経験などを語る中皮腫サポートキャラバン隊の栗田英司さん=福岡市博多区
  • 交際中から子宮体がん治療を支えてくれた男性と結婚した=2009年10月、赤星さん提供
  • 卒業コンサートの会場に用意された「特別席」には、渡辺麻友さんがサインとメッセージを書いたCDが置かれていた(ファン提供)
  • 交際中から子宮体がん治療を支えてくれた男性と結婚した=2009年10月、赤星さん提供
  • 交際中から子宮体がん治療を支えてくれた男性と結婚した=2009年10月、赤星さん提供
  • 揖斐高氏
  • アンケート結果を説明する「3・11甲状腺がん子ども基金」の崎山比早子代表理事(中央)ら=6日、東京都千代田区
  •   
  • コルンを優しく見守る竹花さん夫妻
  • 福森龍也さん
  • 「日本人の何人に1人ががんにかかるか」。問いかけに手をあげる児童=京都府井手町の多賀小
  • 「日本人の何人に1人ががんにかかるか」。問いかけに手をあげる児童=京都府井手町の多賀小
  • 被爆樹木の説明をする杉原梨江子さん=長崎市興善町
  • 頭皮冷却の機械。四国がんセンターでは研究として、希望する患者に1泊入院して使ってもらうようにしている=松山市
  • 溝口善兵衛知事
  • 溝口善兵衛知事
  • 12日に大阪城公園で開かれたMovemberにちなんだイベント「Mo-FESTA」(武内務さん提供)
  • 神戸マラソンに挑む多田豊さん。病気で唾液(だえき)が出にくく、手元に水が欠かせない=神戸市東灘区
  • 対談する(左から)村田信之さん、青野誠さん、松木大地さん=12日、東京都千代田区
  • 社員らに帰宅を促し、本社工場の屋上へ。「日本の町工場はもっともっと元気になれる」=東京都大田区千鳥、村上健撮影
  • 老いの進み方のイメージ
  • 「花やしき少女歌劇団」のステージで歌う木村唯さん=2015年4月19日、ファンの長谷川浩仁さん撮影
  • 各地の主な修行体験
  • 2年前のチャリティー・オペラコンサート=2015年10月、藤沢市
  • 2年前のチャリティー・オペラコンサート=2015年10月、藤沢市
  • 「PD-1」の発見によって開発されたがん治療薬「オプジーボ」
  • がん免疫治療薬の効果のイメージ
  • がん免疫治療薬の効果のイメージ
  • ピンクリボンマークのネイルを施すおでこさん=神戸市灘区
  • がん経験を告白した村野武範さん
  • がん征圧を願って歩く「リレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀」の参加者たち=佐賀市天神3丁目
  • 「リレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀」に飛び入り参加して山口祥義・佐賀県知事(左)らと歩く村野武範さん(左から2人目)=23日午後0時34分、佐賀市天神3丁目
  •   
  • 「PD-1」の発見によって開発されたがん治療薬「オプジーボ」
  • 「PD―1」の発見によって開発されたがん治療薬「オプジーボ」
  • リーグ優勝し、菊池涼介選手(右)と肩を組みながら、スタンドへあいさつに向かう赤松真人選手(中央)=18日、甲子園球場、上田潤撮影
  • リーグ優勝し、菊池涼介選手(右)と肩を組みながら、スタンドへあいさつに向かう赤松真人選手(中央)=18日、甲子園球場、上田潤撮影
  • 生きがいを失った時、どうしますか?
  • 自らが手がけた庭に立つ手嶋真二さん=下関市菊川町
  • 近年発売された主な高額薬
  • 薬剤開発の実際
  • 福岡伸一さん
  • 恒藤暁・京都大教授
  • 鎮静とは
  • 鎮静とは
  • 患者を乗せる天板を使うことで、MRIで全身のがん検査が可能になった=焼津市道原の市立総合病院
  • 患者を乗せる天板を使うことで、MRIで全身のがん検査が可能になった=焼津市道原の市立総合病院
  • 高齢者はどこで時間を過ごす?
  • 病期(ステージ)と就労の関係
  • 相手左腕投手の攻略に向けて打撃練習をする航空石川の選手ら=大阪市此花区
  • 客席の外には、浅草時代の渥美清さんの舞台写真が飾られていた=東京都台東区浅草1丁目の浅草フランス座演芸場東洋館
  • 劉暁波氏の散骨を終えて記者会見した兄の劉暁光氏(中央)。瀋陽市新聞弁公室の報道官(右)が同席したが、会見では報道陣の質問は認められなかった=15日、中国遼寧省瀋陽市、平賀拓哉撮影
  • 造影剤ありの画像(左)と造影剤なしの画像(右)
  • 国立がん研究センター中央病院の「次世代シークエンサー検査室」。ここで患者の遺伝子を調べる=東京都中央区
  • 国立がん研究センター中央病院の「次世代シークエンサー検査室」。ここで患者の遺伝子を調べる=東京都中央区
  • 研究の指導をする樋田京子特任准教授=札幌市北区の北海道大
  • 市川忠男さん=2010年6月、東京都国立市
  • 研究の指導をする樋田京子特任准教授=札幌市北区の北海道大
  • 中国当局が外部に流したとみられるドイツと米国の医師による診察場面=YouTubeから
  • 中国当局が外部に流したとみられるドイツと米国の医師による診察場面=YouTubeから
  • 自分と親の老後の備え、どうする?
  • 8日、劉暁波氏を診察するドイツと米国の専門医ら=中国医科大学付属第一病院のサイトから

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】あえて専用機を選ぶ!

    手頃な音楽プレーヤー

  • 写真

    【&TRAVEL】目的地で使えるフリー切符は

    おとな女子のひとり旅

  • 写真

    【&M】もはや新しい料理?

    すし職人のフィッシュバーガー

  • 写真

    【&w】手探りでいつしか人気店に

    地元密着型のブックカフェ

  • 写真

    好書好日和洋折衷の痛快アクション

    「BLEACH」佐藤信介監督

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    日々の食事を楽しめるワイン

  • 写真

    T JAPANG・マッタ=クラーク回顧展

    彼が空き家を二つに切った理由

  • 写真

    GLOBE+世界はどこに向かうのか

    朝日地球会議インタビュー

  • 写真

    sippo繁殖業者が手放した白い犬

    「もう産めないから」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ