メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

さいたま市

関連キーワード

  • さいたま市の随意契約ガイドライン(2012年11月20日 朝刊)

    地方自治法に基づき、解釈と指針を示している。原則は競争入札だが、金額が少額(250万円以下)だったり、特殊な技術が必要だったりする場合、随意契約ができると定めている。また、随意契約の方が事務手続きが簡便という理由で、契約を故意に細分化してはならないと定めている。その理由について、契約課は「競争性が失われ、割高になる可能性がある」としている。

  • さいたま市型協働管理運営(2016年12月27日 朝刊)

    市民と行政が対等な立場で仕事をする「協働」を進めるため、市民参加を保障した運営体制。さいたま市では運営協議会や利用者懇談会を置き、市民が中心となって運営してきた。1998年のNPO法成立以降、行政だけでは対応が難しくなった地域課題の解決に市民の力を生かそうと、全国各地にサポセンと同様の拠点が設置されている。

  • 東京スカイツリーと誘致の経緯(2008年07月01日 朝刊)

    計画では地上610メートルで、現在世界一高いカナダ・トロントのCNタワー(553メートル)を上回る。ただ、建設中のドバイ(アラブ首長国連邦)の高層ビルが完成時には世界一になる見通し。地上デジタル用の電波を発信するため、高層ビルなどの障害を受けない600メートル級のタワーが必要と放送事業者は説明する。建設費など初期投資額は約600億円。墨田区の山崎昇区長が04年11月に誘致を表明。用地を所有する東武鉄道が事業主体となり、さいたま市などとの誘致合戦の末に選ばれた。07年12月にはNHKと五つの在京民放テレビ局と東武鉄道が利用予約契約を締結。08年6月、名称が東京スカイツリーに決まった。11年12月に完成し、12年春に開業予定。

最新ニュース

写真・図版

老いるニュータウン 「ニュー」消えても、街は続く(2018/9/23)

 越谷レイクタウンに集う人や風景の組み写真が今年8月、東京都新宿区四谷のギャラリーに並んだ。水田地帯の225ヘクタールを開発し、2008(平成20)年に生まれた計画人口2万2千人余の街を撮り続けるのは…[続きを読む]

さいたま市をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

    80年代デザインのラジカセ

  • 写真

    【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

    1日1旅

  • 写真

    【&M】正月以外も使えるかるた

    爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

  • 写真

    【&w】小さな家の生活日記が本に

    東京の台所 番外編

  • 写真

    好書好日禁じられたものに触れたい

    小説「出版禁止」第2弾刊行

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

    女性のための優美な機械式時計

  • 写真

    GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

    女性だけの工場も現地に作った

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ