メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

てんかん

関連キーワード

  • てんかん(2011年12月16日 朝刊)

    脳の神経細胞が過剰に興奮して発作を起こす病気。急に意識を失ってけいれんしたり、体がビクッとしたりするが、個人差がある。患者は全国に約100万人とみられ、7〜8割は治療で発作が抑えられると考えられている。

  • てんかんと運転免許(2012年07月17日 朝刊)

    てんかんは脳の神経細胞が過剰に活動して発作を起こす病気。患者は全国で約100万人とされる。一瞬手足がピクンとするなど軽い発作から、けいれんを起こして倒れてしまう大きな発作まで、症状は個人差が大きい。患者は以前、運転免許を取得できなかったが、02年の道路交通法改正で、運転に支障が生じる恐れのある発作が2年間ないなど、一定の条件を満たせば取れるようになった。

  • Hib(ヒブ)(2009年11月30日 朝刊)

    「インフルエンザ菌b型」と呼ばれる細菌の略称。唾液(だえき)などを介して感染し、脳や脊髄(せきずい)を覆う髄膜の中にこの細菌が侵入すると感染症の「Hib髄膜炎」を引き起こす。とくに2歳未満に多く日本で年間約600人が罹患(りかん)するという推定もある。てんかんや聴力の障害が残ることや死に至る場合もある。

最新ニュース

在日フランス大使館 貿易投資庁:モバイル診断/患者モニタリング・ソリューションのリーディング企業 フランスのバイオセレニティ社来日(2018/7/21)

フランスのバイオセレニティ社(BioSerenity、本社パリ) はモバイル診断および患者モニタリング用ソリューションを開発する研究開発型スタートアップ企業です。グローバルに大規模大学病院と連携し、急…[続きを読む]

写真

  • 長女りん香ちゃん(左)を抱く佐々木そよ香さん。「胎教音楽もずっと、安室ちゃんの曲でした」と話す=沖縄タイムス社
  • 米連邦最高裁と日本の最高裁の違い/連邦最高裁判事の構成
  • 「難病の日」を制定した日本難病・疾病団体協議会の森幸子代表理事=大津市
  • 「難病の日」のポスターを示す日本難病・疾病団体協議会の森幸子代表理事=大津市
  • 新潟大学脳研究所脳神経外科分野 棗田学助教
  • <「健康食品」の安全性・有効性情報>のサイト。国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が運営している
  • 妻の遺骨を手にする岸本貞巳さん=大阪府豊中市
  • 社会福祉法人浴風会の中庭で、日差しを浴びる長谷川和夫さん=東京都杉並区、池永牧子撮影
!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホの音は物足りない!

    お手頃価格のハイレゾ機

  • 写真

    【&TRAVEL】マグロも堪能、不老ふ死温泉

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】日本のアートは遅れてる?

    Chim↑Pomの過激な展示会

  • 写真

    【&w】基本レシピをマスターしたら

    フムスのアレンジレシピ

  • 写真

    好書好日漫画版「人間失格」が完結

    ホラーの鬼才・伊藤潤二さん

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本舞香、演技への可能性

    人との出会いが世界を変える

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第23回

  • 写真

    GLOBE+子どもの学校どうしよう

    子連れで特派員@ベトナム

  • 写真

    sippo自販機の陰に住みついた老猫

    放っておけず家に迎え入れた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ