メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ひまわり8号

打ち上げ成功

次期気象衛星ひまわり8号が2014年10月7日午後2時16分に打ち上げられた。H2Aロケット25号機に搭載され、鹿児島県の種子島宇宙センターから発射された。

ひまわり8号

性能大幅アップ 災害予測へ高まる期待

ひまわり8号は、7号より格段に性能が向上し「次世代型」と呼ばれる衛星だ。大雨のもととなる積乱雲の発達を素早くとらえる。広島市で被害をもたらしたような集中豪雨は、どこまで予測できるようになるのか。[続きを読む]

ひまわり8号公開

 10月7日に打ち上げられる気象衛星ひまわり8号が、鹿児島県の種子島宇宙センターで公開された。観測データを初めてカラーで送信できる次世代型だ。アンテナや太陽電池パネルを広げると全長約8メートル。西太平洋全域をカバーし、日本だけなら2分半ごとに観測できる…[記事へ]

ひまわり8号CG

もっと!ロケット

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ