メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ふるさと納税

関連キーワード

  • ふるさと納税(2020年07月01日 朝刊)

    都市と地方の税収格差を埋める狙いで2008年に始まった制度。故郷や応援したい自治体に寄付をすると、寄付額から2千円を引いた金額(上限あり)が所得税や住民税から控除される。年収が多い人ほど控除の上限が高い。寄付額は08年度の81億円から、18年度には5127億円まで急増。寄付を集めるための過度な返礼品競争が起き、現在の返礼品は「寄付額の3割以下の地場産品」に限られた。

  • ふるさと納税制度(2015年09月12日 朝刊)

    自分の選んだ自治体に寄付した場合、寄付額のうち2千円を超える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度(一定の上限はある)。志布志市の場合は、寄付金は観光及び生活環境に関する事業、福祉に関する事業、教育文化に関する事業、その他市長が必要と認める事業に活用し、申し込みの際に活用を希望する事業を選択してもらっている。県によると、2014年度分の各市町村別のふるさと納税にかかる寄付金(県外個人分)は、曽於市が最多で2億3697万3104円、次いで伊佐市が3765万7千円、垂水市が2614万円などとなっている。

PR情報

最新ニュース

写真・図版

ふるさと納税の返礼品に1頭分の松阪牛 「世界ブランドをアピール」(2022/8/13)

 すき焼き用リブロース10キロ、ステーキ用の最高級ヒレ肉シャトーブリアン2キロ――。ブランド牛「松阪牛」の産地三重県松阪市は、寄付額1500万円で松阪牛1頭分の肉約213キロを返礼品として受け取れる「…[続きを読む]

ふるさと納税

東日本大震災から6年。被災地にはふるさと納税という形でエールが届いています。全国からの寄付が地元の産業を支援し、新たな仕事も生んでいます。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「施主最高齢」の両親へ

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】女性がお茶を入れる会議

    なぜだめなのか

  • 写真

    【&Travel】緑豊か「最も住みやすい街」

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】まるで赤ちゃんのほっぺ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日中野好夫が憲法を「勉強」

    私費で日本人の憲法意識調査も

  • 写真

    論座非暴力抵抗こそが国民を守る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラルフ ローレン表参道に

    カフェトラック期間限定で登場

  • 写真

    Aging Gracefully岡村孝子さんインタビュー

    「今年も会えてよかった」

  • 写真

    GLOBE+「熱波は体をむしばむ」

    想像以上に大きい熱さの影響

  • 写真

    sippo財産を動物のために役立てる

    「遺贈寄付」という選択

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ