メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

アイヌ民族

関連キーワード

  • アイヌ民族(2009年07月30日 朝刊)

    北海道やその周辺地域に先住し、独自の言語や文化を育んできた。明治に入り、和人が大規模な北海道開拓を始めると、生活の糧である狩猟や採集の場を狭められ、和人への同化が進められるとともに、被支配的な立場に追いやられた。06年の北海道の調査では道内に2万3782人。道外では88年の東京都の調査で都内に約2700人というデータがある。

  • アイヌ民族遺骨問題(2013年08月03日 朝刊)

    和人による北海道開拓が本格的に始まった明治以降、旧帝国大学の研究者らが、アイヌ民族の骨格研究などを目的として、道内をはじめ、樺太(サハリン)や千島列島で、土葬された墓地を掘り起こすなどして収集した。アイヌ民族側からは、一部は無断で掘り起こされた「盗計との指摘がある。刀や装飾品など遺骨とともに持ち去られた副葬品についても返還を求める声がある。

  • シャクシャインの戦い(2008年08月20日 朝刊)

    胆振、日高地方などのアイヌ民族が、沙流川とシベチャリ川周辺の漁猟権をめぐって部族抗争となった。これをアイヌ民族への支配拡大に利用しようとした松前藩が一方を支援。策謀に気づいたシベチャリ族の副族長シャクシャインが、ほかの部族に呼びかけて松前藩と戦った。和人との交易に規制をかけることで利益を得ようとするなど、松前藩が実施してきた圧政に対するアイヌ民族の不満の表れでもあった。

最新ニュース

「みんなでアイヌになろう」講演会に抗議 「ヘイトだ」(2019/9/21)有料記事

 保守系団体がアイヌ民族をテーマにして21日に札幌市白石区民センターで予定している講演会について、市民団体が「ヘイトスピーチに当たる」として、札幌市や白石区に会場使用承認の取り消しを求めていることが2…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ